Vapor Trails

- Aircraft Modelling Notes -


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11
Category: Et cetera   Tags: ---

読書

密林のお急ぎ便で注文。土日で一気に読みました。
普段あまり一気に本を読むことはないんですけど。
読んでいるうちに眠気が吹っ飛んで朝になっちゃって。

「ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち」 (文芸春秋)
110711a.jpg

あれから30年近くが経過しました。
自分は当時中学生でしたが、今でもあの時に受けたショックは残っています。
「あとがき」で著者の武田氏が述べられているように、関係者の言葉をこうして我々が
目にするようになるまでには、やはり「長大な時間の濾過」が必要だったんだと。
自分はこの本を読んで改めて実感しました。

正直なところ、読んでいて気持ち的にかなりキツイ部分もかなりありました。
極めて客観的であるとはいえ、凄惨かつ生々しい描写も随所に見られます。
それらがブルーというチームに実際に起こった事実だと改めて意識した途端、
なんというかこう…ちょっと血の気が引くような感覚を覚えちゃって。
もちろんそれは展示飛行が怖い云々の自己防御的感覚ではないですけど。

最初から最後まで、どこかしら虚無感に似たものも感じながら読み進めましたが、
でもそれは、希望の欠片も見出せないような純度100%の虚しさの類ではなくて。
あまりに悲しくて思わず涙が出そうになりながらも、なぜか背中を押されちゃうような。
そんな絶望と希望が表裏一体になったような、ちょっと妙な感覚でした。

T-2ブルーには、もっとその個性を生かしたアクロをさせてあげたかった。
ハチロクの延長ではなくて。いちヒコーキ好きとしての単純な気持ちですけども。
漠然としたイメージだけは今でも頭にあって。まぁ、妄想みたいなもんですけど。

いつかT-2ブルーも作らないといけないですね。

110711b.jpg 

最近は暑くて模型どころじゃないですが、とりあえずやる気が出た時にやるようにします。


ではまた。





 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。