Vapor Trails

- Aircraft Modelling Notes -


In 06 2012

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


24
Category: Finished - Airfix 1/72 Spitfire Mk.IXb   Tags: ---

Spitfire Mk.LF IXb -完成/Finished-

背景紙が届くのを待つのもかったるいので撮影しちゃいました。まずは完成です。

Airfix 1/72  Supermarine Spitfire Mk.LF IXb
MK392 'JE.J' flown by Wing Commander 'Johnnie' Johnson,
OC No.144 Wing, RAF Ford, June 1944.

spitfire_09_01.jpg

排気はウェザリングマスターのスス、サビ、
サンド系で。もう少し白っぽくても良かったかも。
アンテナ線は無い機体も多いようですが、ボックスアートには描かれていたのでそれに倣いました。
テグスが無かったのでお手軽に伸ばしランナーを使いましたが少々太すぎたようです。やれやれ。

spitfire_09_02.jpg

ハゲチョロはエナメルのフラットアルミ、メタリックグレイ、ダークグレイの混色で。
やり過ぎたので抑え気味に修正しましたがどうにもイマイチ。昔からこれは苦手です。
途中で調子に乗って外板のエッジやらに軽くドライブラシもしてみましたが…これも却下。
あまりやると自分の場合はポンコツ風にしかならないので、出来るだけ控え目としました。

spitfire_09_03.jpg

お手軽モデリングのはずが、途中で放置してしまったためにえらく時間が掛かってしまいました。
でもキットストレートで気楽に週末モデリング、というのは
未完成病克服には効果的ではあります。
エアの赤箱シリーズは安価でパーツ数も少ないですし、こういった作り方には最適かもしれませんね。
甘めのモールドも仕上がってしまうとさほど気にならないですし。なんだか懐かしさを覚えるキット。

これでも久々にモケーを作ったという実感がありました。
やはりモケーは完成させてナンボですね。

勢いでスピットをイジっていたのでEA-6Aには手を付けられませんでしたが、また頑張って進めます。

…ではまた。


spitfire_09_04.jpg 




スポンサーサイト

テーマ 模型・プラモデル    ジャンル 趣味・実用


24
Category: Finished - Airfix 1/72 Spitfire Mk.IXb   Tags: ---

Spitfire Mk.LF IXb -その8-

スピットはほぼ完成です。

ガイアのフラットクリアーを2回吹いてからダークグレイでスミ入れ。
ちょっと汚くなっちゃいましたが、お手軽モデリングなのでこれでOKとしちゃいます。
風防頂部のミラーのパーツが見当たらないので、そこらのプラ屑で作って取り付けてやりました。
一応ここは目立つところですし、やっぱりあったほうが雰囲気が全然違ってきますからね。

spitfire_08_01.jpg 

あとは仕上げのクリアー、排気&車輪汚れ、アンテナ線、灯火類ぐらいですかね。
完全なフラットだと少々味気ないので、ポリマーで微妙にツヤを出すかもしれません。

排気と車輪の汚れはお手軽にウェザリングマスターで済ませるつもりです。
でもってハゲチョロはどうしたもんかな~と。う~ん…これはまだちょっと考えてます。
インベイジョンストライプスの塗装ついでに全てタッチアップ済みという想定とか(笑)
まぁ、やったところでちょこっとなので、クリアー吹いてから考えることにしますよ。

一応完成画像は撮ってやろうとは思っていますが、あいにく背景紙が行方不明です。
仕方ないのでグラデーションペーパーを密林で注文。念のためグレーとブラックを。
そんな感じなので、撮影は週明けになりそうです。

少し調子が出てきたので明日はEA-6Aを進めようかと思います。


今回はこんなところです。




テーマ 模型・プラモデル    ジャンル 趣味・実用


21
Category: Finished - Airfix 1/72 Spitfire Mk.IXb   Tags: ---

Spitfire Mk.LF IXb -その7-

スピットはデカールを貼り終えました。

シートには細かい注意書きの類も一応含まれてはいますが、貼付位置がよくわからんのでオミット。
デカールの質はさほど悪くはないですが、少々固いので密着させるのに時間が掛かりました。
ラウンデルの白と黄色が若干透けますが、気にするほどのものでもないのでよしとしておきます。

spitfire_07_01.jpg

あとはクリアー吹いてから表面を少々均してやって、軽くウェザリングすれば終了です。

日曜までには完成させてやろうかと思います。


ではまた。



テーマ 模型・プラモデル    ジャンル 趣味・実用


19
Category: Finished - Airfix 1/72 Spitfire Mk.IXb   Tags: ---

Spitfire Mk.LF IXb -その6-

久しぶりにスピットを進めました。どれに手を付けたところで久しぶりなのは同じですが…。

まずは塗装を済ませてあった排気管から。とりあえずツヤ消しにしておきましょうかね…と。
フラットクリアーをひと吹き…湿度が高過ぎてカブっちゃいました。カブリなんて何年ぶり?って感じ。
しょうがないのでエアコンで除湿してから塗り直して吹き直し。今度はうまくいきました。やれやれ。

お次は塗りかけの搭乗員。ゴーグルを塗ってマスキング後、これもフラットクリアーで仕上げ。
顔面蒼白チックですが、キャノピー越しならロクに見えないのでこんなもんでOKとしておきます。

あとは小物類をチマチマと塗り分けたり垂直尾翼先端にアンテナ線基部をちょこっと追加したり。
キャノピーフレームはまだもうちょっと塗り重ねが必要ですが、これで塗装はほぼ完了であります。

spitfire_06_01.JPG

あとはデカール貼りとクリアー吹きと少々のウェザリング、最後にアンテナ線を張っておしまい。

元々息抜きで始めた筆塗りスピット。細かいことは気にせず、とにもかくにも早期完成が目標です。


ではまた。




テーマ 模型・プラモデル    ジャンル 趣味・実用


17
Category: Ongoing - Fujimi 1/72 EA-6A   Tags: ---

Electric Intruder -その28-

EA-6Aを再開しました。

取り掛かろうとして作業スペースを改めて確認したら、これがまぁ汚いのなんのって。
というわけでまずは片付けから(笑) スプレーブースのフィルターを交換したりホコリを拭いたり。
全て放置状態だったのでお掃除にやたらと時間が掛かってしまいました。

ひと息ついてから早速開始。

まずは脚カバーのフチを赤で塗装。画像撮り忘れちゃいましたが…。
ここは面倒でも面相筆で白と赤を交互にタッチアップして仕上げることにしました。
まだ完全に出来上がっていませんけどね。フリーハンドの味のあるラインでいこうかなと(笑)
こういう部分をキッチリ仕上げるのは非常に大切ではありますが、まずは完成第一なので。

お次は脚周り。
コード類を塗り分けてから、エナメルブラックをテレピンで溶いたものでスミ入れ。
実機写真を見ると脚周りはかなりオイル汚れが目立つので、ところどころにレッドブラウンも。
まだ完全に仕上がってはいませんが、なんとかそこそこの雰囲気にはなりました。
EA-6A_28a.jpg

ノズルは最後に仕上げるつもりですが、「下準備の仕上げ」を進めました。
真鍮パイプは切らないといけませんが、ノコがどこかに消えてしまったので要捜索であります。
A-6 / EA-6のノズル周りは実機もアッサリ気味なので模型では割とスルーされてしまうところかも。
自分はここがけっこう好きな箇所なので、少々悪あがきして手を加えてみようか、という感じです。
出来れば重ねたノズルの間のステーも再現したいところですが…ちょっと厳しいかもしれません。
EA-6A_28b.jpg

機体側のノズルが入る部分をリューターでグリグリ。なんか順序が違うような気もしますが…。
こういうことは先にやっておけよ、という気がしないでもないんですけどね。毎度のことですから。
EA-6A_28c.jpg

意気込んで再開した割には進みませんでしたが、まずは作業することが一番大事ですね。
やっぱり模型は完成してナンボですから。多少気に食わなくても、とにかく手を動かさないと。

次回は小物の最終仕上げと機体その他の褪色表現なんかをやってみようかなと。
実機写真を見るとレドームやらなんやらにはかなりの褪色・変色が見られますからね。
マーキングはダナン展開時のVMCJ-1、RMで。デカールが使いものになればいいんですが。
あの当時のEA-6Aの雰囲気を多少でも醸し出せればなと。難しいとは思いますけどね。


気が向いたら他の放置キットも進めようかと思います。スピットとかミラージュとか利根とか。
そう思いつつ、マリンコF/A-18Dなんかも案外いいな~とか。そのうちやりたいですね。

今回はこんなところです。


テーマ 模型・プラモデル    ジャンル 趣味・実用


15
Category: Et cetera   Tags: ---

久しぶりにお買い物

EA-6A再開前にちょこっとお買い物をしました。キットを買うのは本当に久しぶりです。
特に欲しいモノがあったというわけではなかったんですが、なんとなく買いたくなっちゃって。
例によって英国便で。最近は国内の模型屋さんでもお値段は殆ど変わらないみたいですが。

小一時間考えて、とりあえずこのふたつにしました。エアのナットT.1とアドミラルのF6U-1。
120615_01.jpg 

ナットは前から72新金型のキットが欲しいと思っていたので、これは嬉しい発見でありました。
最近はニューキットも全然チェックしないので、ハナンツで物色する段になって気付くわけです(笑)
ナットの資料本は持ってるんですがね。湿気でガビガビになってダメになっちゃいました。やれやれ。
120615_02.jpg

モールドは…まぁこんなもんでしょ。新金型ですよねコレ。"New Tool" ってなってましたから。 
細部はアッサリしてますが別に気にはなりませんね。キットなんてのはこんなもんでOKかと。
でもコレ、作り込んだらめちゃくちゃカッコよくなりそうな気がしますよ。なにせナットですからね。
120615_03.jpg 

ナットはデカールが少ないのでたぶんキットのものを使うことになりそうです。
この勢いで出来ればアジートも出してもらえると自分としては最高なんですがね。
120615_04.jpg 

F6U-1は以前買いそびれたやつ。どこでしたっけ。PAVLA だかなんだか。それと同じキットかと。
ちょっと模型から離れていると知らないメーカーが増えてますね。多すぎて覚えられないです。
パーツは…なんとも微妙ですね。ま、そもそもこんなカタチのヒコーキなのでいいんですが。
120615_05.jpg 

マーキングはNASA491で決まり。大書きされた "TEST" が子供の頃から好きなんですよね~。
この時代の航空機は総じて魅力的ですが、F6Uは特に好きですよ。模型だと若干微妙ですけど。
しかしこの垢ぬけ無さというかどんくささというか。たまらんですな。米海軍機はやっぱり面白い。
120615_06.jpg 

F6Uの資料本はハナンツへの入荷を待ってから買いました。画像忘れちゃいましたけども。
これがけっこう写真点数もあってなかなかの充実度。現存する写真はほぼ網羅されているかと。


明日からはモケーを再開しようかと思います。

ではまた。




テーマ 模型・プラモデル    ジャンル 趣味・実用


12
Category: Artist Info: Hashimoto Osamu   Tags: ---

橋本 倫 展 -孤氷地-

長い間更新出来ず…なんとも情ない限りです。
皆さまのブログに訪問もままならず大変申し訳ないと思っています。

このままだと本当に放置状態になってしまうので、ここでまた心機一転、頑張ろうかと。
EA-6Aも近々再開するつもりです。あまり小細工せずにとにかく完成を目指します。

で、今回はちょっと趣向を変えてというか、ちょっとしたお知らせというか宣伝というか。
実は自分の兄は画家をやっておりまして、現在銀座の「なびす画廊」にて個展を開催中であります。
一応ココは模型&航空ネタのブログではありますが、身内ということでお許しいただきたく。

橋本 倫 展 -孤氷地-
なびす画廊 nabis gallery 2012年6月4日~16日
〒104-0061 東京都中央区銀座1-5-2 ギンザファーストビル3階
Tel/Fax 03-3561-3544
http://www.nabis-g.com/
info@nabis-g.com

自分は土曜日に観てきましたが、画廊の方とも色々とお話をさせていただいて楽しめました。
まぁ、現代美術というようなものは世間一般とは隔絶された世界のような印象もありますが、
もしご興味がおありでしたら足を運んでみてくださいませ。もちろん入場無料であります。
今週末で終わってしまうので今更ではありますが…オープニング前にすれば良かったかなと。
来年も別の形での展覧会を開催するようなので、その時もまた懲りずに告知します(笑)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


先月は静岡ホビーショーがありましたが、自分は静岡を通過して静浜に行ってきました。
あいにく朝から雲がべったりで、徐々に晴れ間も出てきたとはいえお天気は少々残念でありました。
ブルーは不参加でしたが、リモートも含めた展示飛行は静浜ならではの近さでかなり楽しめましたよ。

百里からはRF-4が2機で飛来。RF-4EJは真っ黒なので殆ど撮らず終始RF-4E狙い。
120612_02.jpg
630mm  1/1000  F7.1  ISO200  Manual Exposure

浜松のUH-60J。圧巻のフライトでした。文句無しに今回のMVP!
自分が今まで観たデモの中でベストかなと。大袈裟ではなく本当に素晴らしかった。
120612_03.jpg 
630mm  1/125  F8  ISO200  Manual Exposure  ND8 Filter

小松からは303のF-15Jが2機。増槽3本でしたが高度もそこそこ低くて大迫力でありました。
120612_01.jpg 
630mm  1/1000  F7.1  ISO200  Manual Exposure



次回からはまた模型頑張ります。とにかく完成を目指します。




テーマ art・芸術・美術    ジャンル 学問・文化・芸術



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
16
18
20
22
23
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。