Vapor Trails

- Aircraft Modelling Notes -


In 03 2011

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


15
Category: Aircraft/Vessel Photos   Tags: ---

Centennial of Naval Aviation 1911-2011 / NAF Atsugi, Japan

また大きな地震。静岡で震度6強の強い揺れでした。
警報で携帯が鳴る度に緊張が走ります。早く落ち着いてほしいです。

計画停電のため鉄道の運行状況も流動的ではありますが、なんとか通勤できています。
自宅は神奈川第3グループに該当していますが、今のところまだ停電は実施されていません。
とはいえ、当然のことながら数時間程度の停電など全く問題ではありません。
多少不便でもなんでも、被災地ではないここでは皆が順番に我慢すればいいだけの話です。
計画停電でコントロールしてもらえるのは、自分としてはむしろありがたいです。
自主的な節電だけだと効果もわかりにくいですし、バラつきや限界もありますから。

震災直後から、横浜でも生活物資の買い占めが横行しています。
仕事帰りにちょっとした買い物をしようとしても、必需品の類はどこも売り切れです。
物流の混乱も確かに影響していますが、これは明らかに買い占め行動によるものです。

確かに最低限の備蓄は必要ではあります。自分も缶詰やらは手元に置いてあります。
でもね…いくらなんでもこれはヒステリックすぎるだろと。いいから少し落ち着けと。
少なくともこの周辺では、今はこうした冷静さを欠いた行動は早期に収束させないと。

原発の問題もあり緊張が高まってはいますが、とにかく今は我慢するしかない。
我々がエゴイスティックになってどうすると。皆もう少し思慮深くならないと。


こんな状況で気持ち的に少々迷うところもあったんですが、画像をアップすることにしました。
ここ数日殆ど何も手がつかなかったが故に、少しだけ気分転換をしたい気持ちもあります。
何かしなくちゃいけない、という気持ちと同時に、やはりここは少し落ち着くべきとも思います。
よくわからなくなってきました。いつも通りの行動も必要なのかもしれないとも思います。

3月9日(水)に厚木で行われた、米海軍航空100周年記念イベントに参加してきました。
航空ファンの200名枠に、なんとか滑り込んだという感じでした。

大和駅からタクシーに乗り、13:40頃にメインゲート前に到着。
既に殆どの参加者が列を作っていました。が、人数は限られているので問題なし。
チェックを終えて中に入り、バスに分乗してエプロンへ。

基地内に入ったのは10年ぶりぐらいでしょうか。懐かしかったですね。
エプロンに設けられたスペースは広くはありませんでしたが、なんとか撮影は可能。

イベント用と思われる地上展示機は、実質的にはVFA-115のCAG機のみでした。
cona_01.jpg cona_02.jpg cona_03.jpg

通常訓練が行われている基地にファンを招待した、といった趣でした。
あちこちでエンジンに火が入れられていたので、とりあえずそれらを撮影。
cona_04.jpg cona_05.jpg cona_06.jpg
cona_07.jpg cona_08.jpg cona_09.jpg

CVW-5以外の機体もちらほら。
cona_10.jpg cona_11.jpg cona_12.jpg

トーイングされてきたEA-6Bを慌てて撮影。
cona_15.jpg cona_14.jpg cona_13.jpg

#502&504がオーバーヘッド。
両機ともタッチアンドゴーをしてくれました。ランウェイは遥か彼方ですけどね。
エプロンの一番奥からだとフルサイズ800mm程度は欲しいところです。
cona_16.jpg cona_17.jpg cona_18.jpg

トーイングされてきたD-Backのライノ。
目の前でターンして見せてくれてから、また戻っていきました。
F-4時代のマーキングを再現したもののようで、"VF-102" となっています。
例によって場所取りに淡泊なのでロクなショットが撮れませんでした。
cona_19.jpg cona_20.jpg cona_21.jpg

降りてきたEA-6Bは比較的近いところにスポットイン。
cona_22.jpg cona_23.jpg cona_24.jpg

EA-6Bは今のうちに撮っておかないと。
cona_25.jpg cona_26.jpg cona_27.jpg

約2時間の撮影タイムが終わり、こじんまりとした式典が行われました。
CVW-5のDCAGによるスピーチがありました。
米海軍航空黎明期の出来事、ここ厚木の歴史と独自性、日米の同盟関係等々…
手堅くまとめた良いスピーチでした。
最後にバナーが掲げられ、エプロンでのプログラムは終了。
cona_28.jpg cona_29.jpg
Nikon D300s + MB-D10
Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED, Ai AF-S TELECONVERTER TC-14E II
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
AF-S Nikkor 18-55mm 1:3.5-5.6GII ED
Nikon Capture NX2


お土産にCVW-5のステッカーを2枚購入。出口ではCoNAのステッカーをいただきました。
自分はこの後のディナーには不参加だったので、そのままバスでゲートまで。
あまり寒くなかったので駅まで歩こうかと思いましたが、ちょうどバスが来たので乗車。
相模大塚でバスを降りたら、ライノが単機で戻ってきて19にアプローチ。


この厚木からも、被災地に向けて救援物資の輸送が行なわれています。
その支援活動に敬意を表すると共に、改めて感謝したいと思います。

被災地の方々にこれら救援物資が一刻も早く行き渡ることを願います。



スポンサーサイト

テーマ 模型・プラモデル    ジャンル 趣味・実用


13
Category: Et cetera   Tags: ---

2011年3月11日

今は、日本国民のひとりひとりが、自分に出来ることをするしかないと思っています。
関東以北は電力不足に陥る可能性が高いため、大規模な節電が必要かと思います。
自分も昨夜は暖房を止めてできるだけ電力消費を抑えて過ごしました。
明日からは職場でも節電に努めたいと思っています。

幸いにして横浜では日常生活が可能な状況です。だからこそ、少しでも協力できれば。
自分は無事だったとはいえ、あの凄まじい揺れを思い起こす度に本当にそう思います。

ネット上でも募金活動が行われています。小額ですが自分も参加させてもらいました。
一人あたりの力は微々たるものですが、それらが集まれば大きな力になり得ます。

既に現地で救助活動を実施されている自衛隊、警察、消防、在日米軍の方々…
テレビを通して見る懸命な救助活動には本当に頭が下がります。
どうか二次災害だけは回避していただきたいと思います。気を付けてください。
世界各国からの支援にも感謝しています。本当にありがとう。

テレビの前で何もできない自分が情けなくもなります。
しかし、国の総力を挙げて立ち向かわなくてはならないほどの困難に直面している今、
たとえ微力ではあっても、それぞれの立場において可能な限りの支援を実行することは、
自らの人間としての存在意義そのものを証明することに他ならないと。
そしてそれは人間としての最低限の義務なのではないかと。
少なくとも自分はそう信じています。


今回の震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

そして一人でも多くの命が救われ、家族の元に帰れることを心から願っています。



テーマ 模型・プラモデル    ジャンル 趣味・実用



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。