Vapor Trails

- Aircraft Modelling Notes -


In 08 2009

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


30
Category: Ongoing - Fujimi 1/72 EA-6A   Tags: ---

Electric Intruder -その8-

午前中は投票に行ったり買い物をしたり。
午後遅くなってから、重い腰を上げてEA-6Aの続きを始めました。

最近はちょっと疲れ気味で、身体がついていきません。
モチベーションは衰えないですけど。なんかすぐ眠くなっちゃって。

で、今日は計器盤。
パイロット側はそのままOKですが、EWO側は修正が必要。
EA-6ARECAPやらなんやらで装備がアップデートされていますから、
初期型と後期型ではパネルレイアウトも大幅に異なるようです。

今回は一応初期型をモデライズするつもりなので、念のため資料をチェック。
プロトタイプであるNEA-6Aのコックピット資料を見てみると(これしかないので)
「初期の12機はAN/ALQ-53搭載だからパネルレイアウトはこれと同じだよ」
みたいなことが書かれています。ま、少々違ったって別に構いませんけど。

とりあえずEWO側のセンターパネルのモールドを削り飛ばして
プラ板でちょこちょこと作り直してみましたが…グチャグチャです。

残るは射出座席とそれに関連した機体側のディテール。
ですが、かったるくて手が動かないので、とりあえずサフ吹き。
後部のゴチャゴチャ部分は、自分としてはそこそこ満足な仕上がりです。
あとはボロ隠しの塗装が上手くいくといいんですけど。
EA-6A_08a EA-6A_08b

ついでに前脚にもサフ吹き。
単体としての出来はまずまずかな?とは思うのですが、
機体とのバランスは未確認なので、まだ何とも言えない状態です。
EA-6A_08c EA-6A_08d

先週、会社帰りにラッキーベイフォートに寄り道。
EA-6Aの同じキットをもうひとつと、ハセガワのEA-6Bを購入。
AN/ALQ-76のパーツがもう1ヶ欲しかったのと、EA-6Bのほうは
何か流用できるパーツがあれば、と思いまして。
調子に乗って真鍮パイプもゴソっと買い込んだら、けっこうな額に。
EA-6A_08e

来月は待望の5連休があります。
せっかくなので気合いを入れてEA-6Aを進めようかと思っています。
久しぶりにロードスターでオープンドライブ、ってのもいいんですけど。
とりあえず10月末までに完成させるのが目下の目標です。


ビール飲んで開票速報でも見ます。

ではまた次回。


スポンサーサイト

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


23
Category: Et cetera   Tags: ---

別館オープン

完成作品画像掲載用ウェブサイトを本日開設しました。

Vapor Trails  - Aircraft Model Gallery -

ブログは製作の進捗を確認するにはお手軽なツールで好きなんですが、
時系列メディア故に完成
作品掲載には向かないなぁと。できなくはないんですけどね。
一応は時間を掛けて作った模型ですし、せっかくなのでウェブサイトでまとめようかなと。
以前から時々考えてはいたんですが、いざやるとなると億劫で…。

お金を掛けたくなかったので、エディターにはフリーソフトの "alphaEDIT" を使ってみました。
ウェブサイトを作るのは初めてなので、最初は要領が掴めずちょいと時間が掛かりましたが、
WYSIWYGHTMLソースを行ったり来たりしながら、なんとかかんとか。

凝りだすといつまで経っても終わりそうもないですし、初心者なのでまずはシンプルに。
構成を事前にちゃんと考えないまま、半ば思いつきで作り始めてしまったんですが、
とりあえずメインコンテンツは完成作品ギャラリーなので、まぁこんなもんでいいかなと。
土日を丸々費やして基本形のようなものがやっと出来上がりました。
ま、今後かなり修正が必要になってくるとは思いますけど。

製作記は今まで通りブログにアップしていくので、サイトの更新はスローになりそうです。
が、今後は出来るだけコンテンツも増やしていこうかとは思っています。

というわけで、2日間PCの前に座りっぱなしだったので模型は全く進まず。

また改めて頑張ります。


ではまた…。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


19
Category: Ongoing - Fujimi 1/72 EA-6A   Tags: ---

Electric Intruder -その7-

コックピットに手を付けようと思っていましたが、ちょっと寄り道です。

試しに搭乗員を乗せてみたらどんな感じになるだろうかと。
このキットを始めた時からちょっと考えてはいたんですけどね。
上手いこといきそうであれば搭乗員付きで完成させてみようかと思いまして。

フジミのパイロットフィギュアの出来はなかなかのものです。
ただ、そのまま放り込んだだけでは若干物足りないので、少々加工を。
事前に機首アップ画像を数点収集済みだったので、それらを参考に。

で、実機写真で本物の搭乗員の姿を観察した結果、ポイントは「うなじ」だなと。
パイロットが上半身をやや前傾姿勢にして頭を下に少し向けている状態で
フライトスーツとヘルメットの間に「うなじ」が見えている写真は割と多いなぁと。
国や装備にもよりますが、首周りというのは意外と露出しているものです。

とりあえず首をちょいと伸ばして顎を引き気味にしてみようかと。
肩から上をシートにべったり預けてしまうようなポーズだけは避けたいなぁと。
フィギュアを乗せて失敗するケースの大半は、フィギュアの出来云々以前に、
そういう「お昼寝チックなポーズ」が原因なのではないかと…。

以前買った覚えがあるPJ Productionのフィギュアを探してみたものの発見できず。
ここはやはり、前述の通り雰囲気の良いキットパーツをベースとします。
2㎜φのプラ棒をチマチマ削ってほどよく首をストレッチ。
写真を参考に、頭の向きにも多少変化を付けてみます。
EA-6A_07a

やはりもうひと息、といったところでしょうか。
なにせ模型はほぼ空モノ専門故、フィギュアなんて普段はまず触らないですから。
EWOの「うなじ」はそこそこ自然な雰囲気に仕上がったような気もしますが…。
パイロットのほうは視線=頭部の向きが難しいです。作り直すかもしれません。
まぁ、あとは腕の付き方と酸素マスクのホースの取り回しに上手くアクセントを付ければ、
多少は本物チックに見えてくるかもしれません。ちょっと楽しみです。
EA-6A_07b


次回から改めてコックピットに手を付けようかと思います。
射出座席はフィギュアとの兼ね合いがあるので、焦らず進めていこうかと。


明日も仕事なので、そろそろビール飲んで寝ます。

ではまた次回。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


18
Category: Ongoing - Fujimi 1/72 EA-6A   Tags: ---

Electric Intruder -その6-

5連休明けのためか、身体が妙に重いです。
今夜も頑張って模型を、とは思っていましたが、これがなかなか…。

とりあえず射出座席をササっと組んでみたりして。
EA-6AはGRU-5のようですが、キットパーツもさほど悪くはないようです。
こういったアイキャッチとなる箇所はできる限りキットパーツ加工でいきます。
MBのシートは全般的に模型映えするディテールを持っているのが救いです。

その射出座席をコックピットに放り込んで、と。
オタマジャクシというよりは昆虫的な雰囲気。昆虫苦手なんですけど。
複座の位置関係ですが、上下方向の段差はこのままでも悪くなさそうです。
が、前後方向がもっとズレていないとA-6系のコックピットとしてはイマイチ。
ここらはちゃんと再現してやりたいところです。全体的にフロアも深すぎるかも。
A-6はキャノピー閉じてても外から搭乗員の膝小僧が見えちゃうぐらいですから。
フジミのフィギュアは割と出来がいいので、乗せたらけっこう見栄えするかも。
EA-6A_06a

で、先日入手した "Minigraph 7" の頁をパラパラと。
ついでなのでコッソリと画像も載せちゃいますよ。

計器盤には大幅に手を加える必要がありそうです。
特にEWO=Electric Warfare Officer側は全面的に要作り直しです。
センター&サイドコンソールも、キットパーツは面積不足気味&テーパー付き過ぎ。

この辺りはテキトーにデッチアップでウヤムヤにしてしまいそうな気配濃厚です。
EA-6A_06b EA-6A_06c

グレアシールドはイラストを参考にごちゃごちゃと追加工作予定。
キャノピー開で後端フェアリング裏側からチラリと覗くディテールもポイントかと。
キャノピーのセンターフレーム内側のごちゃごちゃも大きなポイント。
スパイラルコードがぶら下がってたりするところ。あそこらへんは楽しそうです。
EA-6A_06d EA-6A_06e


とまぁ、結局殆ど何もせず駄文ばかりで回数だけが増えているわけですが…。
これもモチベーション維持の一環。「おおむね40回」なので気長にいきます。

とりあえずビール飲んで寝ます。

ではまた。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


16
Category: Ongoing - Bandai Non-Scale M-21881   Tags: ---

M-21881 -その1-

唐突ですが、「宇宙戦艦ヤマト」です。
海外の方には "Star Blazers" といったほうが通じるんでしょうか。

昨日、デスクトップモデル用に144の塗装済みキットでも…と思い、
横浜ヨドバシをウロウロしていたら、懐かしいモノを見つけてしまいました。
バンダイの「メカコレション」。子供の頃は嬉々として作ったものです。

で、「こっちのほうがいいや」ってなわけで購入。古代艦と沖田艦。
ガミラスのデストロイヤーも欲しかったんですが…ありませんでした。残念。
古代艦=M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦、沖田艦=M-21741式宇宙戦艦。
名称といいフォルムといい、やっぱりかっこいいですよ。

改めて考えると、やっぱり「ヤマト」のパート1は傑作ですな。
未だにDVDで見ることもありますし。第一話なんか最高ですね。音楽も秀逸。
今にして思えば「ヤマト」はSFとしても秀逸だったのではないかとも思います。
オリオン座アルファ星のコロナをかいくぐって航行するシーンなんか最高です。
メカ盛りだくさんの戦闘シーン以外にも、そういった面白いエピソードが沢山あって。
毎回テレビの前でワクワクして待っていたのを思い出します。

で、懐かしさ&息抜き目的で軽く作ってみることにしました。
実機・実艦が存在しない架空モノの気楽さ、ってのもいいもんです。


まずは雪風から。
さすがに小さいですが、特にショボさのようなものは感じません。
最初は値段見てびっくりしましたけど。160円です。
M-21881_01

パーツはたったこれだけ。

オマケでブラックタイガーが付いてます。
M-21881_02

艦橋後方の背部砲塔が若干高さ不足な印象。
このままでは前方射撃に支障をきたしそうなので(笑)
基部から切り抜いて別体とし、砲塔底部にはプラ板を接着。
艦橋後方の穴もプラ板で塞いでと…砲塔はボリュームが出すぎました。
底部を削って、もうちょい小ぶりに仕上げてやろうかと思います。
M-21881_03

艦首のミサイル発射管と、各砲口をピンバイスで開口。
砲口には真鍮パイプを埋め込んでやってもいいかもしれません。
大袈裟なパネルラインは伸ばしランナーと瞬着で埋めちゃいました。
気が向いたら彫り直そうかと思います。多少のメリハリは欲しいですから。
艦橋~砲塔にかけてのラインが、どことなくP-61を連想させます。
M-21881_05

各安定板?の類はプラ板やら金属板やらでリプレイスの予定。
塗装はちょいと迷うところです。
オリジナル設定通りもいいんですけどね。
帝国海軍艦艇風に仕上げちゃったりするのも面白そうです。
軍艦色に艦名&軍艦旗なんかもいいかなぁ、なんて。

どこが息抜きなのかわからなくなってきました。


…ではまた。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


15
Category: Ongoing - Fujimi 1/72 EA-6A   Tags: ---

Electric Intruder -その5-

今日はお昼過ぎから作業開始。
コックピット後部の続きです。

途中経過をすっ飛ばしてしまいましたが、とりあえずこんな感じ。
極細エナメル線でワイヤリングを濃密に施したかったんですが。
おそらく全体的に各パーツが若干オーバースケールかと思います。
それらの隙間を縫って配線するだけの空間が確保できませんでした。
それなりに実機に忠実に作ったつもりですが、案の定グダグダです。

EA-6A_05a

最後部はキャノピーに隠れるので、アクチュエーターやら配管類やらの
後端部は開口部形状に合わせてカット。キャノピーもちゃんと乗っかりそうです。
あとはコイツを上手いこと塗装できればいいんですけどね。
EA-6A_05b

この部分はちょうど親指の第一関節から先ぐらいの面積ですが、
さすがに数時間コイツを凝視しながらの作業は疲れました…。
ということで、とりあえず今日のところはここまで。


で、ネタ不足なので最近のお買いものなんぞを。

Furyはいい加減1/72で決定版が欲しいところです。
Special Hobbyあたりで出してくれないもんでしょうかね。
EA-6A_05c

航空ファン9月号、"Normandie Niemen"の特集見てグラグラきちゃいましたよ。
思わずキットに手が伸びそうになりましたが、ここはなんとか我慢…。
F1はもっとスキルを上げてからじっくり取り組みたいです。
EA-6A_05eEA-6A_05f

スペースシャトルはずっと作りたいと思っているアイテム。
帰還時のあの汚れを上手く再現できたらきっと面白いだろうなぁと。
EA-6A_05d


今年の夏休みは5日間ですが、やたらと長く感じます。
頑張って毎日早起きしているせいでしょうか。


ではまた次回。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


11
Category: Ongoing - Fujimi 1/72 EA-6A   Tags: ---

Electric Intruder -その4-

それほど時間が無いわけでもないんですが、なかなか更新できずにいました。
土曜日はゴロゴロしっぱなし。でもって日曜日は久しぶりに父親のお墓参り。
あまりの暑さにフラフラでしたが、ゴロゴロ&お墓参りの合間を縫って進めました。

前脚に続いて主脚に取り掛かろうかと思いましたが、脚柱の位置決めには
胴体と主翼を組んでからのほうがよろしいようなので、コックピットからいきます。

まずは射出座席後部のゴチャゴチャ部分。
キットパーツも基本レイアウト自体はよく出来ていると思います。
が、やはりインパクトには欠けるので、ここは好き勝手に手を入れることにします。
ここをやるとなると、必然的にキャノピー開で仕上げることになります。

両サイドのパネル、キャノピーアクチュエーター、スライディングレール、配管等の
位置決め後、隙間を細かいワイヤリングやらなんやらで埋めていくことになります。
自分で言うのもナンですが、途中で放り出さないことを祈るばかりです。

EA-6A_04a

で、まずは基本構造から。
キットパーツには中央部分に深さが無いので、そこらへんを切除。
プラ板であれこれくっつけていきます。底部はプラ板で塞ぎます。
…と思ってたら、これだけで疲れちゃいました。やれやれ。
いつもビール飲みながら、ってのがいけないんでしょうかね。
EA-6A_04b

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日、「とんでけ」なブログ のボンスコさんと相互リンクさせていただきました。
1/144の超絶作品の数々は必見です。現在製作されているD-9も楽しみです。
ボンスコさん、リンクどうもありがとうございます。

自分も144はチマチマとキットを集めてはいるんですけどね。
昔はよく作ったものですが、最近はなかなか手が出ません。
そのうち手始めにレベルのYF-23あたりでもやってみようかなと。
ちょっと楽しみです。

木曜日から夏休みです。今回は5連休。
本当は一週間ぐらいは休みたいんですけど。

連休中は頑張ってEA-6Aを進めようかと思います。


…ではまた次回。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
17
20
21
22
24
25
26
27
28
29
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。