Vapor Trails

- Aircraft Modelling Notes -


In 03 2008

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


31
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その37-

ここしばらく気持ち的に落ち着かず、精神状態が少々不安定です。
まぁ仕事とは直接関係無いことですが、色々と気掛かりなことが多いというか。
仕事面では、一人でこなせる量にそろそろ限界が見えてきたり・・・。
明日は棚卸なので、今日はその準備に追われて一日中バタバタと。
土日もウダウダしっぱなしで、A-7は大して進みませんでした。
ほんとにあと少しなんですけどね・・・。

とはいえ、全く手を付けないのもナンなので、とりあえず車輪やらパイロンやら。
接着できるものは接着してしまえと。もうここまで来たらどうにもならないし。

主車輪はそのまま取り付けるとハの字に開きすぎて機首が上がりすぎます。
身軽な状態なら主車輪は地面に対して垂直に近く、やや開き気味という感じ。
主脚取付部より後ろ、後部胴体下面付近の地上高は意外とあります。

主車輪の軸をカットし、それをやや下方にずらして接着。
シンチュウ線を埋め込んだりするのは調整がメンドーなのでパス。
普通にスチロール系で接着。プラ棒の小片で補強して終わり。

A-7E_37a

パイロンは結局デカール貼って終わりです。もうダメです。
ラックはメタリックグレイでベタ塗り。なんか味気ないですけど。
振れ止めはもうちょい小細工したかったんですが、細かすぎて断念。
っつーかもう気分も乗らないしウンザリしてきたので、これでOKとします。

前輪のダブルタイヤがきちんと接地していません。みっともないですね。
主脚も左右で微妙に高さが違ってしまっているようなので、ここらは要調整。
どうやって調整するんでしょうね(笑) とりあえずタイヤの接地面でも削りますか。
とはいえあくまでバランス取りを目的として適度に。失敗したらしたで(笑)

自重変形は実機通りなら問題無いんですが、そうでないならやりすぎは禁物。
模型的誇張はホドホドにしないと。バランスを崩して実感をスポイルするだけ。
飛行機は「バランス」が命・・・なんて言ってるわりにはパイロンが曲がってるような。

A-7E_37b

グレー入りクリアがちょいと厚塗りになり過ぎて彩度が落ち過ぎました。
2000番で全体を軽く磨いてやって、いくらか回復させました。
最後に混ぜモノ無しクリアを軽くもうひと吹き必要かもしれません。

あとは胴体側面ランチャー、アンテナ/センサー類、灯火類の取り付け。
アレスティングフックも塗装済み。エッチングの基部と要擦り合わせですが。
それから増槽と脚カバー。シートを放り込んで磨いたキャノピーを取り付ければ完成!
結局というかなんというか・・・AIM-9のイナートはキャンセルしました。
AAMの小細工は他の機体のために取っておくことにします。

もうなんというか、「いつまでやってんの?」という感じではありますが・・・。
かれこれ10ヶ月、このA-7君に掛かりっきり。余力がありませぬ。
さすがに今度の土日で完成すると思います。させないと先に進めません。

殆ど完成形に近い状態でズルズル引っ張っているので、さほど感激は無いか?
と思いつつ・・・でもやっぱり違うんですよね。小物をちゃんと全部取り付けてやると。
脚カバーなんかが付くとね、急激に「ホンモノ」のフォルムに激変しますからね。
それを知ってしまっていると、やっぱり完成の瞬間は楽しみなものです。

とりあえず今夜はこんなところで・・・。
おやすみなさい。

スポンサーサイト

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


17
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その36-

最近やや気分が落ち込み気味なので土日も模型はあまり進まず。
できれば土曜日に一気に進めたかったところなんですが、
全然気分が乗らず。今日少しだけ作業しました。

ところどころにスモークグレーを吹いてメリハリを。
下面はちょいとやりすぎたので、エナメルシンナーで擦ってリカバリー。
あとは脚柱を接着。主脚の後部支柱はあとで取り付けます。
主車輪ホイールはかなり汚れているので、ここもそれっぽく。

ちなみに車輪はまだ接着していません。
主車輪はそのまま取り付けるとハの字に開きすぎて、やや実感を損ねます。
地面に対してわずかに開き気味になるぐらいにするつもりです。
気付いたら背部のアンテナがなくなってるし・・・また作り直します。
A-7E_36a

とまぁ、A-7はこんな感じでやはり?完成には至らず。
土曜日は気分転換に買い物なんぞを。例によってラッキーベイフォート。

キットはこれだけ。アカデミー1/72のF-8。
とりあえずキットだけでもストックしておくかなと。
ネットで散々見ているのでパーツの雰囲気等もわかってはいましたが、
手を入れるベースとしては文句無いですね、これなら。
ただパネルラインとリベットは一部やり直すかもしれません。
ちょっとクドすぎる感じ。
A-7E_36b A-7E_36c

デカールはカルトグラフ。悪くないんじゃないでしょうかね。
ボックスアートになっている記念塗装にするつもりは全くありませんが。
後期のロービジになってからのシャークティースorインベイジョンストライプは
なかなか魅力があります。ガルグレー&ホワイトと迷っちゃいますね、これは。
A-7E_36d

ついでにAIRESのノズルも。
こいつはたぶん使うことになりそうです。
A-7E_36e

F-4Jのノズルも探しましたが在庫無し。
B/N用なら何セットもあったのに。バランス悪いなぁ。
こんなんだからついついネットでまとめ買いしちゃうんですよね。
お店で買うほうが好きなんですが、置いてないものは仕方ないし。
なんかねぇ・・・72ジェットのパーツって冷遇されてますねぇ。
最近は作る人が少ないみたいなので仕方ないのかもしれませんけど。

あとはパテを購入。フィニッシャーズの緑パテ。
ラッカーパテ好きとしては以前から気になっていたので。
A-7E_36f

中身を見てみようとフタに手をかけたら・・・ちょっと緩い。
開けてみたら・・・何コレ?なんか少ないんじゃねーの?って感じ。
A-7E_36g

溶剤成分が揮発して目減りしたんですかね?
でも中蓋はちゃんとついてるので、ここまで減ることはない気もするし。
固まってるわけじゃないし、パテの粘度なんてこんなもんだろうし。
塗料はフタが緩んでいないか、いつもチェックしてから買うんですけどね。

それともこの量が出荷時のデフォルト?こんなに少ないんだろうか?
原因はなんであれ、こういうのはなんか気分が悪いなぁ。イヤ~な感じ。
でも使いますけどね(笑)

A-7はもうちょいなので焦らずボチボチ進めます。
今夜はこんなところで・・・。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


09
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その35-

今日は昼まで寝坊してしまいました。
ウダウダした後、例によって15時過ぎから作業開始です。

まずはペーパーがけ。
1500番で焦らずゆっくりとデカールの段差を削ってやります。
完全にツライチとまではいかないものの、そこそこには仕上がった感じ。
よほどドアップで見ない限り、これぐらいでも充分かと。
でもまぁ・・・研ぎ出しってほどのもんでもないですね。これは。

国籍マークのブルー部分が若干削れてしまったのでタッチアップ。
シーブルーにしようかと思ったけれど見つからないので、カウリング色で。
殆ど目立たずきれいに仕上がりました。良かった良かった。

その後、胴体背面のブレードアンテナ×2を作って取り付け。
コックピット直後の小さいほうはエッチングの切れ端。
その後ろの大きいほうは薄めのプラ板でテキトーに。
こちらは翼断面になるよう平ヤスリで削ってやってからカット。
プーっと色を吹いてやってから、瞬着で取り付けて終了です。
機体下面のアンテナ類は脚を取り付けて自立可能になってから。

A-7E_35a

一部スミ入れを追加してから、グレー入り自家製クリアーを吹いてと。
思いのほかツヤが出てしまったので、フラットベースを加えてもう一度。
適度にトーンも抑えられてイイ感じ。とりあえずこんなもんにしておきます。
最後の最後でもうちょいフラット方向に振ってやる予定です。

ガサガサで粉吹いたようなツヤ消し仕上げは全く好みではありませんが、
このA-7はそこそこフラットな感じのほうが仕上げとしては良さそうです。
フラットだけれど、光が当たった時にはソフトで微妙なツヤがあるような。
いい具合に仕上がってくれればいいんですけど。

このまま順調にいけば来週にはロールアウト・・・かな?

とりあえず今夜はこんなところで・・・。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


09
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その34-

本日(土曜日)はひたすらクリア吹きです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
研ぎ出しとなると、やはりある程度塗膜の厚さは必要になる。
とりあえず様子を見ながらセミグロスクリアーを薄く。
デカールにはダメージが無いようでひと安心。
徐々に吹く量を増やしつつ、乾燥させては吹くを繰り返し計4回。
当然シャープネスは確実に失われていくので、ほどほどに。

A-7E_34a

今夜一晩乾燥させて明日はペーパー掛け。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

全然関係ありませんが、ハセガワ48のドラケンがそろそろ出ますね。
好きな飛行機なのでやはり買っちゃうかもしれません。作りませんけどね。
48でドラケンだなんてね。嬉しくて悲鳴上げましたけどね。作りませんよ(笑)
当分先まで作りませんが、もし作るならデンマーク空軍機がいいなぁと。

そんなことを考えつつ・・・
A-7、早ければ来週あたりには完成に持ち込めるかもしれません。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


02
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その33-

土曜日は出勤だったので模型はナシ。
本日午後からA-7のデカール貼りを開始しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前脚柱の注意書き。
ジャンクの中からテキトーなデカールを選んでテキトーにカット。
ちょっとオーバースケール気味だけれど、それらしくは見えないこともない。
ちなみに主脚カバー内側の注意書きは省略。文字サイズが小さすぎ。
おまけにびっしりと書かれていて、遠目には殆ど識別できないので。
A-7E_33a

増槽にワンポイント。
今回はこれが欲しくてH型ではなくE型にしたというわけで・・・。
赤いスコーピオンのアウトライン。ギリシャ空軍はいいセンスしてる。
A-7E_33b

ICARUSのデカールはなかなか良い。というか、これはかなり良い。
フィルムは薄くて丈夫だし、とても貼りやすい。白も透けずにしっかりと発色。
色調がやや渋すぎる気はするものの、難点というほどのものでもない。
スケール的にはこれぐらいでちょうど良いかもしれない。
A-7E_33c

HAFのA-7は米海軍のBu.Noをそのまま引っ張ってきているらしい。
ICARUSのこのシート、"159292"をわざわざチョイスしているのに、
Bu.Noが一枚モノで用意されていない。なんで??ちょっと妙な感じ。
下三桁はバラ数字を使えと。こういうのはあんまりよろしくないなぁ・・・。
A-7E_33d

午後イチで始めて約8時間で機体のデカール終了。疲れた・・・。
ふざけて数えてみたら、トータル109箇所・・・そりゃ疲れるっての
(笑)
これが質の悪いデカールだったら、こんな作業には到底耐えられない。
A-7E_33e

光沢クリアを吹いておいたおかげで、目立ったシルバリングは無し。
でもって、今回はちょっと色気を出して"研ぎ出し"なんぞをやってみようかと。
上手くいってキレイに仕上がってくれればいいんだけれど・・・。
今週は夜にチマチマとクリアでも吹きましょうかね。
A-7E_33f

パイロンのデカールは後回し。もう少し手を加えたいので。
しかし・・・パイロンのデカールも結構な量が控えているので少々気が重い。
でも頑張って仕上げれば、それなりの密度感は出せるかも。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・・・今日はとにかく疲れました。といっても心地良い疲れですけどね。
しかしまぁ、現用機のデカール貼りってのはかなりアレというかなんというか。
考えてみたらかなりマゾヒスティックな行為という気がしないでもないですな。
自分は決して嫌いではないんですけどね。こういうのは(笑)

とりあえず今日のところはこんなもんで・・・。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用



1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。