Vapor Trails

- Aircraft Modelling Notes -


In 01 2008

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


28
Category: Et cetera   Tags: ---

ファントム絡みのお買い物など

年末に注文していた英国便が到着しました。
バックオーダーは無かったし、税関で止まった記録もありませんが、
届くまでにえらい日数が掛かりました。ま、こんなもんなんでしょうけど(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

PJ Productionの1/48 USNエビエーター。
思うところがあって、バイザーダウン&酸素マスク無しのフィギュアを探していたので。
このスタイルのフィギュアは多くない・・・というか殆ど無くて、やっと見つけたのがコレ。
顔(鼻から下だけだけど)がいまいちイメージと違う。口元に締まりが無い。
ポージングも妙というか・・・右手に持っているモノが聖書に見えて仕方ない。
一体どういうシチュエーションを想定してこんなポーズに決めたんだろうか?
27-Jan-2008_01

手にとってチェックして見ると・・・このオッサン、1/48にしては小さすぎる模様。
シートや他の48フィギュアと比較してみても明らかに小さい。
これじゃちょっと使えない・・・ヘッドだけ流用するのも無理だろうなぁ。
今回のF-4計画?は、実はこのPJのオッサンが鍵を握っていた部分もあったので
ちょっと残念なような、逆に踏ん切りがつきそうな・・・。
27-Jan-2008_02

AIRESのハセガワF-4用J79-GE-8のノズル。とりあえず72と48両方。
ノズル内側のモールドは凄い。ちょっとやり過ぎな気もするけど。
雰囲気は悪くないけど、48のほうはちょっとゴツ過ぎるかな。
27-Jan-2008_03

こういうモールドを入れるとなると、エッジの薄さはこれぐらいが限度なのかも。
実際はもっと薄っぺらい印象がある。でもこれじゃ削るところがない(笑)
GE-8のノズルはやっぱり難しい。だからこそ面白いし魅力的なんだけども。
48やるなら自分で工夫して手を加えたほうが楽しいかもしれない。
72のほうは割といいかな?これはそのまま使えそうな感じ。
27-Jan-2008_04

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先週半ばから風邪気味で、熱が出たり下がったりの体調不良が続きました。
土日も模型は進展がありませんでした。ガンガン作りたかったんですけどね・・・。

というわけで、今週は平日にあれこれと少しずつ進めるかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


22
Category: Et cetera   Tags: ---

72か48か・・・

昨年からずっとF-4を計画中です。
パーツ類を注文した某英国便がまだ届きません。
まずはノズルやらを眺めて勢いを付けたいところなんですけど。

とりあえず手持ちのキットをたまにゴソゴソと引っ張り出して眺めています。
こんなの別にどうでもいいような内容なんですが・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

72 F-4Nはハセガワが二つ。
作るならVF-84のほうに入っている、怪しげな漢字のVF-161「航空隊長」が本命か。
N型はイイ。数多いF-4のシリーズ中でダントツのお気に入りであります。
21-Jan-2008_01

J型はモノグラム72とハセガワ72。
ハセのほうは、とりあえず何かの時のためのパーツ取り用。
モノは「やっぱりモノはストレートで」&「自分なりに好きにイジれば」の繰り返し。
大昔から延々手付かずのまま。やっぱりモノは作ってナンボなんだけれど。
21-Jan-2008_02

モノグラムといえば、昔作った48のF-100が今でも忘れられない。
モールドもフォルムもとにかく凄くて、感激しすぎて途中で放り出しちゃった。
完成が見えた途端に、1/48の実機に変身して飛んで行っちゃったみたいな(笑)
不思議な感覚だったなぁ。塗装途中で満足しちゃって手が動かなくなっちゃった。
あのキットにはいつかまた挑戦しよう♪

48はハセガワのF-4J。これも大昔に購入したまま放置状態。
中身はとりあえず大物パーツが切り離されて、箱の中でガラガラと。
21-Jan-2008_03

フタを開けるとKMCのレジンパーツがごっそりと。KMCってもう無かったかな?
今は他メーカーから"Ex."で供給されているパーツもあると思うけども。
箱の中に動翼関係のパーツが無いところを見ると、何か計画倒れした模様(笑)
いつ頃買ったのかは全く記憶にないけれど・・・。

21-Jan-2008_04

インテイクパーツの奥にはJ79のファンがモールドされている。
確かこのファンの前
にはステー?があったはずだけど。
位置的にちょっと手前すぎるような気もするけど、雰囲気は悪くない。
21-Jan-2008_05

コックピット周りのエッチングパーツも出てきた。
あまり記憶にないけれど、確かこの頃はレジンやらエッチングやらの、
いわゆるアフターパーツが充実し始めていた時期だったような気がする。
やっぱり今の新しいパーツのほうがモールドも精度もレベルは高いのかな。

これってまともに使えるんだろうか??
21-Jan-2008_06

他にもストックにはタミヤ32のJ型なんて大物もあったりするけども、さすがにちょっと。
F-15Cを作って部屋中真っ白になったことがあるので、それ以来32現用機はスルー。
そもそも今の作業机じゃ、主翼一枚分のスペースすら確保できるかどうか(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マーキングはある程度決まっているんですが、スケールがいまだに決まりませぬ。
ファントムは48でガツンと作りたい気もしますが・・・う~ん。困った。
もうちょい考えて、納得して決めたほうが良さそうであります。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


20
Category: Ongoing - Hasegawa 1/48 N1K1-Ja   Tags: ---

紫電11甲型 -その2-

昨年から放置しっぱなしだった紫電。やっとスタートです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日ラッキーベイフォートで「グルーアプリケーター」なるモノを購入。
使用済みデザインナイフの刃と比べて、専用ツールはどんなものかと。

n1k1_02a n1k1_02b

シートはエッチングで。早速アプリケーターを試してみる。
使用感は悪くない。ツールの先で固まった瞬着もそれなりに剥がれてくれる。
肝心のシートは・・・汚い仕上がり。これじゃ意味ないかも(笑)
n1k1_02c

シートベルトにはファインモールドの「強風、紫電、紫電改」用セットを使用。
取説には「サーフェイサー/プライマーなどの下地塗装は不要」とある。
どんなもんかと思いながら、とりあえず塗装指示通りカーキをプーっと。
n1k1_02d

マスキングしてレッドブラウンをプーっと。
パーツ部分の塗料はマスキングテープに持っていかれずにしっかり残ってる。
ファインのエッチングはストックにはあるけど、実際に使うのは今回が初めて。
これは凄いなぁ。さすが「こだわり」のファインモールド。
n1k1_02e

キットのインストによると機体内部色は三菱系126と中島系127を半々とある。
ネットで紫電の製作記を色々とチェックしてみると、皆さん大体そんな感じ。
指示通り混色してシートを塗装。もうちょい127方向に振れば良かったかも。

シートベルトに一度クリアーを吹いてからスミ入れ・・・これは殆ど効果無し。
バックルをフラットアルミでちょこちょこ塗ってからシートに取り付け。
・・・う~ん、雑な仕上がり。とりあえず今日はここまでにしておこう。
n1k1_02f

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

A-7はパイロンのペーパーがけのみで大した進捗はありませんでした。
これからはこんな感じで並行して紫電をチマチマ進めていこうかと思います。

関東地方は今夜から明日にかけて「雪」の予報が出ています。
積もるとしたら二年ぶりぐらいかな?自宅周辺は急坂だらけなので心配です。
坂を下れないため自宅から出られず出勤不能とか・・・
そんな理由で休めりゃいいんですけどね(笑)

今夜はこのへんで・・・。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


20
Category: Et cetera   Tags: ---

1月のお買い物 -その2-

オランダ便第2弾が本日(土曜日)届きました。
いつも後から思い出してはチョコマカ買うので送料がもったいないです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Heller 1/72 Super Etendardはストックにあるので、これはスペアとして。
作るならやっぱりパネルラインは凹に彫り直すか・・・。
19-Jan-2008_01

"Super Etendard"とくれば、
やはりアルゼンチン海軍機。
後部胴体の"ARMADA"の文字、尾翼のナショナルカラーがかっこいい。
右主翼下に"Exocet"、左主翼下に増槽を搭載して仕上げてやりたい。
ってなわけで、こじんまりした資料本&デカールを。
購入時にわかってはいたものの、資料本の本文は当然の如く全てスペイン語。
模型云々は別として興味深い内容であることは間違いないので、ちょいと残念。
19-Jan-2008_02 19-Jan-2008_03 19-Jan-2008_04

S.Etendard用にはついでにエッチングも。エアブレーキあたりは使えそう。
あとは汎用パーツとしてAIM-9のフィンセット。これはかなり良さそうなアイテム。
19-Jan-2008_05

F-4の72図面集Part2を追加購入。表紙が空自のRF-4Eってところが嬉しい。
J型以降の各型、CCV、エンジンをPW1120に換装した能力向上型まで網羅。
19-Jan-2008_06  

Lock OnのF-4Eも。
ロングノーズを作る予定は当面無いので、ある程度各型共通の細部確認用に。
まぁ、とりあえず無いよりマシというか・・・アレコレ言い出したらキリが無いけども。
近いうちに実家で航空雑誌漁って、使える写真をスキャンして資料集でも作ろう♪
19-Jan-2008_07 19-Jan-2008_08

オランダ便の中身をチェックした後、ラッキーベイフォートに。
Eduard 1/72 La-7が少し値下げされていたのでゲット。
19-Jan-2008_09

いつも作りたいと思っているHe219。買いそびれていた世傑を購入。
リリース時に狂喜乱舞して購入したタミヤ48がストックにあるものの・・・
今作るならやっぱりドラゴン72か。デカイし。ウーフーは。
19-Jan-2008_10

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

年末に注文した英国便は一向に届く気配がありません
(笑)
日曜日はA-7の続きをやろうと思います。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


16
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その28-

今夜は風防シール部分の調整です。

筆塗りでフレームとシールを交互に少しづつ。
平面部分周囲にシールは見えないのでここは塗りつぶし。
撮影して画像にしてみるとまだまだ太い。肉眼だとかなり細く見えるけども。
A-7E_28a

実機のシールは風防、キャノピーともに、かろうじて見えるといった感じ。
72だと同面積で塗り重ねて塗膜の断面として見える程度がちょうどいいのかも。

でもとりあえずこのままいってみる。
楊枝の先をデザインナイフで削り、その先端でシール部分の塗料を
フレーム側に押し込む感じで削いでいく。途切れた部分は筆でタッチアップ。
こっちの画像は変な色調になっちゃった。
A-7E_28b

かなり細くはなったものの、やっぱりいまひとつシャープさに欠ける・・・。
スミ入れでシール部分の明度を落としてやれば、多少は馴染んでくれるかもしれない。
ここらは苦手だしちょいと悩むところ。週末に気力があればやり直すかも・・・。

明日も仕事なので、今夜はこんなところです。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


15
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その27-

今日(月曜日)はお誘いがあって17:30頃から焼肉へGO。
ほろ酔いでしたが帰宅が早かったので、一息ついてからA-7開始です。

やっと風防とキャノピーの塗装。
シール部分はエデュアルドのマスクを併用。
Mr.カラーのレドームにRLM04イエロー&そこらに転がってたダークグレイを少々。
今回使ったエデュアルドのマスクはタミヤのマスキングテープを薄くしたような感じ。
あのRLMグレイみたいな変な色のフィルムはダメ。硬いし糊が残るので。
とりあえず今回はマスク自体に不具合は無し。
自分の塗装のほうが不具合だらけ(笑)

A-7E_27a

ギリギリまで細くしたつもりでも、予想通りかなりオーバーな仕上がり。
ま、マスキングして吹く段階ではここらは致し方なしといったところ。
フレームに若干被るように塗装してあるので、後日面相筆でタッチアップ予定。
出来る限り細く繊細にしてやりたいところ。年末に"Winsor"の筆も買ったし。
キャノピーフレーム前後部分にアールを付けるのも忘れないようにと。

明日からまた仕事です。
今週は4日勤務なので多少気が楽ではあります。
が、一人で片付けなければならない仕事が相変わらず山のように・・・。

とりあえず今日はこんなところです。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


14
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その26-

昼間~夕方は体調が悪く模型には触れませんでした。
夜になってから何故か回復したので開始です。

とりあえず機体上面3色のぼかしを調整。
ハンドピースの調子が若干悪く、ギリギリの極細ラインが吹けず・・・。
分解清掃も面倒なので、とりあえずそのまま続行。
色をとっかえひっかえしながら何度も吹き直し。
まぁ、これはよくあるフリーハンドの失敗パターンだけれど(笑)
スパイラルに陥らないようにと、それだけを念頭において作業。

途中左翼端になぜかシンナーがドバっ~!と・・・アタマきてしばらく放置。
被害受けた部分をペーパーがけして吹き直し。やれやれ。
でもってまた全体の調整をチマチマと・・・。
A-7E_26a

実機はもっとタイトな塗り分けなんだけれど・・・。
エナメルシンナー含ませた綿棒で境界部分を擦って若干回復。
それでも大味な仕上がり。ま、ヘタクソなのである時点で妥協しないと。
失敗は経験として次に活かそうというノリで。

続けて下面FS36622をベタ塗り。直線なのでマスキングテープの端を折って。
ぼかしのバランスがちょいと悪いけども・・・もうこのまま続行。
とりあえずそれなりにギリシャ空軍のA-7らしくはなってきたと・・・少し自己満足。
A-7E_26b

下面はエアブラシでのグラデーション等はとりあえず無し。
気が向いたらトーンを変えたパネルの塗り分けはやるかも。
あとはエナメルやらなんやらで汚す予定。上手くいくといいけど。

気付いたらとんでもない時刻になっていました。
ま、休みだからいんですけどね~。
・・・そろそろ寝ます。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


13
Category: Et cetera   Tags: ---

1月のお買い物 -その1-

年末にAviation Megastoreに注文してあったブツが到着しました。
なんか最近はかなり模型関係に散財しているような・・・。
ま、それでも車イジリほどお金が掛かる趣味でもないので、いいかなと。

F4F-4、AV-8Aのデカール。
F4Fは自重変形タイヤとエッチングも。
14-Jan-08_01

F-86Hの資料本。詳細な写真&イラストが豊富。
MA InternationalはSpecial Hobby72の作例があったので購入。
個々の記事もそれなりにボリュームがあってグッド。
14-Jan-08_02

そろそろ再開しようと思っているハセガワ48紫電用にゴチャゴチャと。
エッチングはタミヤ用なので使えそうなところだけ。
Vectorの誉はなんとなく。使うかどうかは未定。
コイツは別に仕上げて、完成した機体の横に置いてもいいかも。
14-Jan-08_03

買いそびれていたR.V.ResinのF-4図面集。
14-Jan-08_04

EF-4C/Dといった、かなりマイナーな試作機まで網羅。
14-Jan-08_05 14-Jan-08_06

同じく年末に注文したHannantsからのブツはまだ届きませんが・・・
そいつが到着したら、そろそろF-4始めようかと思います。


テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


13
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その25-

前回に引き続き機体上面の塗装です。

「ねり消し」でマスキング。風防をどこかにぶつけたのでとりあえずチェック。
ダメージはなかったようでひと安心。マスキングをやり直し。
ねり消しは、あまり細くすると切れやすくなってパターンをトレースしづらくなるので、
ある程度の量を使って塗装面方向へ指で押し出すようにして調整。
ちなみにパターンはかなりいい加減。実機も機体毎にかなり差異があるので。
ただし一応特定の機体を作っているので・・・あまりに違うようならシリアル変更かも。
A-7E_25a

FS34079をまずはベタ塗り。
その後グリーンFS34102とホワイトFS17875をテキトーに加えて細吹き。
あまり明度差が付かなかったので、もうちょい明るくしてもう一回。
A-7E_25b

他2色とのバランスを考えたら、今の段階ではこんなもんか。
下面色が入ったら、もっとそれらしく見えるかもしれないけれど。
褪色表現はやり過ぎると汚くなるし・・・ここらは悩むところ。
とりあえずグレー入れたクリアで少し彩度を落としてやったほうがいいかも。
A-7E_25c

とりあえずこんな感じで上面の基本塗装は終了です。
日曜日は小物関係をある程度片付ける予定です。
ちなみにここでA-7の射出座席を改めて調べてみました。
どうやら後期型はESCAPACからSJU-8にリプレースされている模様。
ということで交換は無しで。やれやれ。

このペースなら今月中に完成させられるかもしれません。


10
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その24-

帰宅後ウダウダして22時頃から開始。
とりあえず先日の続きです。

マスキングには「ねり消し」を初めて使用。
MAやらなんやらの作例でもちょこちょこ使用例があるのでモノは試しに。

ぶよぶよしててなんか変な感じ。ま、消しゴムなので当たり前(笑)
細くするとすぐに切れちゃうし使いづらいか・・・と思いつつペタペタと。
慣れればそんなに難しくなさそう。カーブがきつかったり入り組んでいたりすると
ちょいとコツがいるものの、型紙作るよりはず~っとラク。これは使える。
ちなみにマスキング状態の画像は撮り忘れ・・・。

「ねり消し」で着膨れした機体にグリーンFS34102をビン生でプーっと吹いてみる。
でもって次にホワイトをちょい多めに加えて明度を上げたカラー。
絞った0.2のノズルをギリギリまで近づけてチマチマと。
その後ボカシ部分にも軽く入り込むようにしながら薄~くオーバースプレー。
サンド系とライトグレーを少し足してみても良かったかも。
A-7E_24a

塗り分けのボカシ部分は最後に細吹きで整える予定。
全体的にまだ多少鮮やかすぎる感じはするものの・・・現段階ではこんなところか。
この後あれこれと色を重ねていく中で、もう少ししっとりと落ち着いてきてくれれば。

明日も仕事なので今夜はここまでです。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


06
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その23-

今日からやっと塗装開始です。

まずは脚周りから。
下地には隠蔽力が高いMr.カラーGXのクールホワイト。
その上からFS17875を薄く何度か吹き重ねて終了。
こうして見ると、スクラッチしたディテールはボッテリ&ガタガタ・・・。
でも"パっと見"それらしく仕上がったので自分としては満足。
仕上げのスミ入れ&ドライブラシでなんとかなるかなと。
A-7E_23a

機体は上面から。
上面3色と下面FS36622との境界はほぼ一直線。
なので下面を最後に持ってきたほうがマスキング的には多少は楽かなぁ
と。
本当は上面色を36622に被せて塗り分けてやりたいところ。
違和感を感じたら、細吹きのタッチアップでなんとかするということで。

ちなみにHAFのA-7はかなり褪色が激しい模様。
エーゲ海の強烈な日差しを年中浴びているせいか?
実機はこんな感じでマダラになってしまってかなり酷い有様。
中には「水浴び」した後のように見えるものもあったりして、けっこう微妙な感じ。
HAFの基地にも、嘉手納にあるようなシャワーが設置されてるのかな?
海面上を低高度で飛行するミッションも多いようだし。

とりあえず褪色表現はほどほどに、雰囲気的にはこんな感じをイメージして。
ま、これはあくまでイメージであって・・・当然の如くこんな風にはならないわけで・・・。

ってことでまずはFS30219をビン生で。
各色とも、あくまでビン生を基本色として、そこから明度を上げていく方向で。
とりあえずプーっと吹いてみる。変な塗り残し方。
A-7E_23b

パネルラインのタッチアップ跡をマスキングで再現してみようかと目論んでみる。
明度を上げたカラーを吹く前にMASKOLをチマチマ塗ってはみたものの・・・
今ひとつ上手くいかないので断念。48以上ならもっとラクにいけるかも。
72なら面相筆で仕上げたほうがいいかな。このあたりは気が向いたら。

ってことで結局は普通に「パネルライン残し」で吹いただけ(笑)
ビン生にホワイトを加えて、0.2のハンドピースでチマチマと。
こうして吹いてみると、あちこちに細かいスクラッチやらなんやら・・・あ~あ。
もうそういうアラの類は見なかったことにして、どんどん進めちゃう。
傷なんかあとでクリア吹いて埋めちまえばいいということで(笑)
A-7E_23c

最後に全体に薄く吹き、トーンを整えて終了。
色調も雰囲気もそれなりに落ち着いた感じもする一方で、なんだかな~という気も。
テクニックやらセンスやらの引き出しが少ないというか、イメージだけ一人歩きというか。
とはいえ、とにかく進めないことには完成しないし・・・とりあえずこんなもんで。
A-7E_23d

正月休みってのは・・・終わってみるとあっという間ですね。
明日から本格的に仕事がスタート。片付けなくてはならない事が山のように(汗)
今日はもう時間も気力も無いので、塗装はこれにて終了。
次回の三連休でいけるところまで一気に進めてしまおうと思います。


テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


05
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その22-

HUDを作り直し。エッチングはAIRESのセットから。
エデュアルドのフレームはやはりかなりオーバースケール。
投光部がキラリと光るように水性クリアを一滴。
透明部にはAIRESのセットに付いているフィルムを使用。
薄くて透明度も良好。透明プラ板より良い感じ。
A-7E_22a

HUDが出来上がったところで風防を接着し胴体との境界を整形。
フレーム両端のアール部分もプラ板で作り直し。
平面部分の傷は角度によってはそれほど目立たないものの、
既にクラック一歩手前の状態。なんだかな~という感じ。
ポリマーで仕上げてなんとかお茶を濁せるかどうかといったところ。
これのおかげでモチベーションがかなり低下気味・・・。
A-7E_22b

胴体側の取付穴を開け忘れて位置決めが面倒で後回しになっている
サイドワインダーのパイロンを塗装前に取り付けなければ。
ちなみにランチャーは無し。ここはエッチングを併用してパイロンのみで。

なんとか明日から少しでも塗装に入りたいところです。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


04
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その21-

A-7もあっという間に「その21」まで来てしまいました。
更新はしているものの気分的には少々足踏み状態です。

とりあえず前回破損した風防の続きです。

手元のD型のキットから風防を取り出してみたら、平面部分にS字状のライン。
ペーパー当ててコンパウンドで磨いたら上の方がクラックになってしまいこれも没。
しょうがないのでロードスターに飛び乗って横浜西口地下駐車場へ。
ヨドバシ6FでE型を購入。672円也・・・安すぎです。

そそくさと帰宅して開封してみると、これも同箇所に同じ傷。こりゃ金型っぽい。
しかもよく見ると表面だけではなく内部にまで入り込んでる模様。
あまり削りすぎると同じようにクラックになってしまうので今度は慎重に。
どうも上部フレーム付近の傷が深いらしく、完全には消せず降参。
A-7E_21a

試しにコーティングポリマーを塗布してみたところ、多少は目立たなくなる模様。
目立つ箇所なので気になりますが、とりあえずこんなもんで終了です。


前脚柱にもちょいと追加工作。
キットでは右側と後方の支柱が大胆に省略されているので、これらを追加。
この後できるだけきれいに整形しないと。このままでは汚くてちょっと使えません。
A-7E_21b

後方支柱は実機写真でも脚カバーの陰に隠れて殆ど見えないので
フジミの省略の仕方も悪くはないかも。とはいえ気分的にはあったほうが○。
ちなみに前脚収容部はエッチングの箱組みのまま。
地上姿勢で見えないところは省略します。

AIRESのD型用コクピットセットが手元にあったので、シートをチェック。
ESCAPACといえばこっちのほうが一般的な形状なのでA-7らしさが出ます。
ヘッドレスト中央にあるセーフティハンドルがいい感じです。
でもHAFのA-7ならやっぱりE型後期セットのシートにすべきか。
ここはちょいと迷うところです。
A-7E_21c

明日は出勤です。会社は休みですが自分の部署だけ仕事です。
その後は実家でゴハン食べてそのまま泊まる予定。
そんなわけで次回更新は土曜日になりそうです。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


03
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その20-

だいぶ前にごちゃごちゃと手を加えた主脚柱。
表面がすっきりせず汚らしいので全部作り直し。

主車輪&胴体への取付部のみキットパーツを生かし、間の支柱部分を自作。
メインのV字の2本は2?プラ丸棒を削って1.7~8?Φ程度に。
脚柱の径なんかわかるはずもないので、ここはキットパーツと写真を見てバランスで。
A-7E_20a

後方のやや細めの支柱は1?プラ丸棒そのまま。
各部に極薄の金属板をチマチマと巻いてやります。
機体に仮止めし、後方支柱の位置決めをした状態でメインの支柱に接着。
これで前よりはだいぶすっきりとした仕上がりになって自己満足。
後日塗装を進めながら細い配管を這わせてやる予定です。
A-7E_20b

主脚柱の作業中に機首が机の角にガツンと接触。風防が外れて吹っ飛びました。
エッチングが剥離して透明部分にクラックも。これではもう使えないので廃棄処分。
スペアでD型のパーツがあるし、HUD基部を作り直したいと思っていたので好都合かも。
A-7E_20c

年末年始で塗装までいこうと意気込んではいたものの・・・
なんだかんだいって各部の仕上げにかなり時間が掛かりそうです。
このペースだと完成は2ヶ月ぐらい先になるかも・・・。

焦る必要はないとはいえ、やはり他に作りたいアイテムは出てきちゃいますね。
まずはF-4NかF-4J。F-4はイメージが具体的に固まっているので早く始めたいところ。
あとは72か48か・・・スケール違い同時製作は辛いのでどちらか決めかねています。

72大戦機も随分とご無沙汰なので、今年はポツポツいってみようかと。
・・・しかしこんなペースだと年間の製作機数なんてたかが知れてますね。
頑張ってせいぜい4機ぐらいでしょうか。

次回はとりあえず風防やりなおします。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


02
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その19-

明けましておめでとうございます。
いい加減な製作記事ばかりのブログではありますが、
本年も"Vapor Trails"を宜しくお願い致します m(_ _)m

ってなわけで新年早々更新です。

大晦日は実家に帰省・・・といっても同じ横浜市内ですが。年末は毎年家族で食事です。
今回は海岸通りにある
"SCANDIA"という北欧料理のレストランにお出掛け。
ここの名物"スモーガスボード"はなかなか。
キャビアなんか食べたのは何年ぶり・・・記憶がありません(笑)
久しぶりに美味しい料理とワインで良い時間を過ごさせてもらいました。
横浜で食事をするならお勧めのお店です。

昨夜は実家に一泊して本日午後には帰宅。
夕方からボチボチA-7開始です。

脚カバーは一部プラ板で自作。とはいえ面積も形状もいい加減。
あとは右主脚カバー内側にある着陸灯。
プラ板をテキトーに絞って先端をエッチングノコでお皿状に切断。
凹面にアルミシールを貼ってから透明プラ板でフタをして接着。
ちょいとオーバースケール気味ですが、こんなもんで完成とします。
A-7E_19a

元日はとりあえずこんなところで終了です。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用



1
7
8
9
11
12
17
18
19
21
23
24
25
26
27
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。