Vapor Trails

- Aircraft Modelling Notes -


In 12 2007

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


30
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その18-

夜になってから作業開始。パイロンを整形。
最初に手を付けた2個は見ているうちに違和感が出てきたので修正。
あとで簡単に凹彫りやその他ディテールを追加して
前縁の形状もできるだけそれっぽくしてやりたいところです。
A-7E_18a

やろうと思っていながら後回しになってしまっていた作業。
風防枠下端、シール部分のアールをプラ板で再現。
枠との角度が若干違っていたのでエッチングへの固定も兼ねて瞬着で隙間埋め。
セットしてみると、コクピット周りの雰囲気がそれなりに変わって自己満足。
とはいえレジンのズレの影響がこの部分に出てしまったのは少し残念です。
A-7E_18b

明日こそは塗装前の仕上げを完了させたいところです。

スポンサーサイト

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


29
Category: Et cetera   Tags: ---

年末のお掃除

今日からお休みスタート。午後から横浜駅へ。
ジョイナス4Fの画材屋さん"Tools"に寄って筆を物色。
ちょいと奮発して"Winsor & Newton"を3本購入。
あとはエアブラシでのマスキング用にねり消しを数個。
Brush_01

帰宅後部屋の掃除ついでに模型机も片付け。
収納に使えそうなアイテムをダイソーで買い込んできました。
筆やら工具やらを全部整理。真鍮線やらパイプやらは筆のケースに収納。
だいぶスッキリしました。でもどうせすぐに汚くなっちゃうんでしょうけど。

Desk_01

大晦日は家族で元町に出て食事、そのまま実家に泊まる予定です。
ここ数年、年末年始は仕事だったので、久しぶりにのんびりお正月を過ごせそうです。
今夜~明日は
少しA-7を進めようと思います。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


25
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その17-

平日は毎日残業なので帰宅は遅いです。
が、そこそこゴールが見えてきてモチベーションも多少上がってきています。
というわけで昨日に引き続き今夜も作業。

昨夜、記事をアップした後にもちょこっとだけ作業しました。
グレアシールドをエナメルのライトグレーでドライブラシ。
風防の断面をフラットブラックでちょちょいと塗ってからタミヤの緑フタで接着。
胴体側とは若干段差と隙間が生じるので、溶きパテにフラットブラックを混ぜて充填。
ある程度乾燥してヒケたところでタミヤのラッカーパテを盛って終了。

本日帰宅後に続きの作業。
透明部分をマスキングテープで保護してやってチマチマとペーパーがけ。
が、途中でめんどくさくなってテープを剥がしてしまいました。

A-7E_17a

最後に透明部をコンパウンドの粗目~中目で軽く磨いて終了。とりあえずこんなもんで。
細目での仕上げはどうせ最後になるので、この段階ではここまででOK。

今は塗装手順やらなんやら、あれこれ思案中です。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


24
Category: Ongoing - Fujimi 1/700 利根   Tags: ---

"利根" -その2-

時間が無く中断していた「利根」再開です。

艦体と艦底接合部にけっこうな段差が生じるのでパテ埋め。
固めのゴムブロックに巻いたペーパーでゴシゴシと。
模型は普段飛行機オンリーなので、なんだか新鮮な気分。
艦首部分はもう少し丁寧に整形してやったほうがよさそうです。
Tone_02a

後日サフを吹いて調子をチェックすることにします。
Tone_02b

艦橋と煙突。
一応継ぎ目をパテ埋めして整形。
主砲はピットロードの艦船装備セットから。
砲口を開口してやろうかとちょいと試してみましたが・・・
あまり上手くいきませんでした(笑)
Tone_02c

ハセガワ48紫電もそろそろ再開しようかと思っています。
Aviation Megastoreに注文したパーツやらデカールやらが今週届く予定です。
リニューアルされた世傑の「強風、紫電、紫電改」も入手しましたしね。
期待していた細部写真も、完全ではなかったもののそこそこ載っていました。
っつーかここらで「紫電」だけでドーン!と一冊作ってもらえないもんですかね(笑)
まぁ、資料なんてのは半分は気休めみたいなところもありますが・・・。

この調子だと年末年始は模型三昧になりそうな予感。
勢い余って他にもアレコレと手を付けそうです。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


24
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その16-

本日は午後から作業開始。

まずはキャノピーの塗装を少しずつ。
エッチングのサイド部分は内側を磨く際に邪魔になるのでプライヤーで平らに戻しました。
この状態で内側を自家製タイヤブラックにフラットブラックを少量足したもので塗装。
次に風防の平面ガラス部分に内側からクリアブルーを吹いてと。
エッチングの中には風防のフレーム内側に付くパーツもあります。
が、接着時に
汚れるとイヤなのでそいつはパスします。
A-7E_16a

コクピット周り。
所々剥げてしまった箇所があったのでブラック部分を再塗装。
HUDのフレームはエッチング。AIRESのグレアシールドに取り付けると立ちすぎです。
なので底面をテキトーにカットして角度調整。ガラス部分は透明プラ板。
ちょいとオーバースケールな気もしますが・・・まぁ雰囲気は出せたかなと。
ついでに酸素ボトルの固定バンドを細くカットした金属板で。
瞬着で仮止めしてから、ピンセットの先でぐるっと巻き付けて両端を接着。
コクピット周りのアクセントになりそうな感じです。
A-7E_16b

AIRESのレジンコクピットはヘマをやってセンターがずれてしまっています。
両サイドにエッチングパーツの一部を貼ったり胴体外面を削ったりして調整しましたが・・・
正面上から見るとちょいと苦しい仕上がりです。手抜きはいけませんね・・・。
それにしてもAIRESのレジンは凄いモールドです。実感たっぷりです。
72だときれいに収めるのに苦労しますが、それでも入れる価値はあるかと思います。
A-7E_16c

念のために入手しておいたエデュアルドのエクスプレスマスク。
開封してみたら「イタレリ 1/48 Ta-152」の取説が出てきました。
CXとEXを間違えたかな?ま、チェコの人もミスはするってことで(笑)
マスク自体はちゃんとA-7のものだったので問題ないんですけどね。
このマスクは糊が残ってエッジがシャープに出ない可能性大です。
製造後さほど時間が経過していなければ大丈夫なのかもしれませんけどね。
まぁどっちにしても取説なんてぶっちゃけどうでもいいというか(笑)
A-7E_16d

今は完成へ向けて微速前進といった感じです。
焦らず進めていこうと思います。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


23
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その15-

金曜日は職場仲間三人で忘年会。
19時半頃からおっぱじめて結局朝になってしまいました。
そんなわけで土曜日は二日酔いで模型には手を付けられず。
年末のお酒はホドホドにしなくては・・・。

本日は夕方から開始。地味な作業を中心に進めます。
クリアパーツの自作は衝突防止灯だけにしておこうと思っていましたが、
やはり気になるので垂直尾翼端の尾灯も透明化しました。
若干径が大きくなってしまったので塗装時にマスキングで調整予定。
A-7E_15a

キャノピー周り。
オープン状態でそれなりに目立つ箇所。ここはエッチングの助けを借ります。
これがなかなか思うように位置決めできずイライライライラ・・・。
なんとか仮止めが出来たところで裏側から「黒い瞬着」でガッチリ固定。
A-7E_15b

隙間が目立ったりと気になる箇所もあるので、あとでプラ板で塞いでやろうかと。
下部にぐるっと走っているシール部分ももう少し立体感を出してやってもいいかも。
失敗してもキットパーツ、エッチング共にスペアがあるので気がラクです。
キャノピーと風防は焦らずキレイに仕上げてやりたいところです。

増槽のフィン。
切り欠き部分をカットしてやった後に前後縁共に削り込んで薄々攻撃。
平面形はかなりいい加減です。実際はもう少しアスペクト比が高い感じかも。
こうして見てみるとやっぱりイマイチな仕上がり。
A-7E_15c

胴体上面、コクピット後部バルクヘッドに掛かる部分がサンディングでグニョグニョ。
とりあえず短冊状にカットしたプラペーパーを貼り付けてパテで整形です。
時間が惜しいので光硬化を使用。最近なんとなくコイツのクセがわかってきました。
考えてみたらここらは側面部のエッジを出してやったほうが効果があります。
上面部は開けたキャノピー後部に隠れてしまうので無意味だったかも。
A-7E_15d

あとは空中給油受油プローブ先端部分が華奢なのでプラ材でややボリュームアップ。
これもやってはみたもののあまり目立たないようです。工作もちょい雑すぎました。

この後は風防を先に仕上げて機体に接着してから塗装に入る予定です。
キャノピーやら脚やらパイロンやらはそれと並行してチマチマ進めようかと。

なんとなくゴールが見えてきた感じです。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


18
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その14-

昨夜、記事のアップ後にビール飲みながらHAFのA-7画像を眺めていました。
衝突防止灯の位置がな~んかおかしい・・・げっ!全然位置違うじゃん!
ほぼ真横からのショットと、機体背面がキレイに映っているショットを観察。
各部の位置関係をじっくり見てみると、やっぱり後ろすぎ。
最初からあれこれ位置関係を把握できる写真を見れば良かっただけの話です。

エッチングノコで切り離したパーツを整形しようとプライヤーの先に挟んだら床に落下。
頭きて作り直そうかと思いつつ30分後にやっと発見。72は毎回これに悩まされます。
なんでちっこいパーツってのはこうも見つからないんでしょうかね。
必ずと言っていいほど、あらぬ方向に跳ねて変な奥まったところに飛び込みます。
床に落ちたパーツの転がり方には何か妙な法則があるとしか思えません。
72だと確かに豆ツブみたいなパーツばかりではあるんですけど。

気を取り直して作業開始。
写真を見ながら前方へ移動。大体こんなもんでしょうかね。
この期に及んでまだ位置決めがいい加減です。
A-7E_14a

周囲のスジボリもちゃんと彫り直さなきゃいけません。
こうして撮影してから改めて眺めてみると色々とアラが見えてきます。
肉眼では見過ごしてしまう部分がけっこう見えます。
こういうのはブログの良さかもしれませんね。
とはいえ、果たしてそのアラを修正するのかは定かではありませんが。
A-7E_14b

修正ついでに透明部をコンパウンドで磨き倒してバフ掛けしました。
ぴかぴかです。とりあえずそれなりに自己満足。
A-7E_14c

ちなみに最近の製作過程の撮影にはもっぱらデジイチだけを使うようになりました。
トリミングやら補正やらの後処理には"PhotoFiltre"というフリーソフト。
この組み合わせにやっと慣れてきて、最近は多少使えるようになってきました。
以前は同じくフリーソフトの"JTrim"を長い間使っていましたが、これも使い易くてお勧め。
最近は"PhotoFiltre"に慣れてきたので、もっぱらそっちを使っています。

ニコンD40は画素数はどーってことのない入門機ですが、なかなか良いカメラです。
インターフェイスも操作性も良好。撮影者の気持ちをよくわかっているな~と。
フィルムカメラのような重厚な質感こそないものの、やはりさすがという感じ。
また本格的に飛行機を撮ろうと思えば自分も上級機を選択するとは思いますけどね。
ブログや日常撮影用ならこれで充分。というか充分すぎます。
初めてデジイチを買うならD40はお勧めかと思います。

実際にはどのメーカーのものを使っても大差ないとも言えるのかもしれませんが、
やはりカメラというのは「男の道具」。長く愛着を持続出来るものが一番。
そういう意味ではやはりニコンはその感覚に応えてくれる”プラスα”を持っています。
やっぱりニコンはいいな~。"Nikon"の文字を見ただけでムラムラきますw

そのうち外で撮ってみましょうかね♪

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


16
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その13-

金曜は職場の忘年会でした。
山下町にあるイタリアンのお店。睡眠不足なのにワイン飲みすぎました。
帰りは横浜スタジアム近くにある「揚州商人」というラーメン屋さんに。
その後もう一軒行って軽く一杯。久々にヘロヘロになりました。

結局土曜日はお昼近くまで寝てしまい、その後もウダウダと。
土日は思いっきり模型を・・・な~んて平日はいつも考えているんですけどね。
いつも日曜の午後遅い時間になってからおもむろに始めるハメになります。
ま、今度は三連休だからいいかな。でも今週金曜もまたまた忘年会が・・・。

本日も例によって15時過ぎからA-7開始。
HAFのA-7画像を見ると、殆どが内翼に増槽×2本という形態です。
通常の飛行訓練時のコンフィギュレーションとして一般的な姿。
ってなわけで今回のA-7はその形態で。増槽×2本だけで他は一切無し。
VA-93として作っていたなら兵装満載にしたかもしれません。

キットの増槽は形状がイマイチなので削って整形。
とりあえずリューターでガリガリと削ってから180~320番で荒削り。
写真を見ながら後端には若干丸みを持たせて先端部はシャープに。
A-7E_13a

中央部分にもうちょい太さがあってもいいかもしれません。
この増槽、モノによってはこんなにキレイな曲線ではないものも見受けられます。
前部・中央部・後部と割と直線的なラインで構成されている感じ。
パネルの継ぎ目とか補強板等が目立つものもあります。
増槽というのは存在としては地味ですが、よく見ると興味深いディテールを持っています。
航空機にとって燃料系統は重要な部分ですしね。
自分的には写真を見る時には比較的目が行く部分です。

とはいえ、今回はそこまでやる気はないのでこのままで。
うまいこと塗装すればきっとそれなりには見えます。

後端に三枚付いているフィンはとんでもなく分厚いので切り飛ばします。
エバーグリーンの0.25?プラ板でテキトーに作り直し。接着はイモ付け。
フィンに切り欠きを入れたりエッジを出してやったりと、後日整形します。
A-7E_13b

先日作ってあった衝突防止灯。エッチングノコで切って切断面を整形。
胴体側の取付位置もテキトーに整形。パネルラインが曖昧なので写真見て位置決め。
実機ではドーサルスパイン?の先端が胴体上面に溶け込むあたりの微妙な位置に
若干埋め込まれるような状態で取り付けられています。
A-7E_13c

そこまで再現するのもアホらしいので接着面を平らに削ってタミヤのサラサラで接着。
ちょっと前後方向が短いです。でも雰囲気は出せたので良しとします。
今回透明部の自作はここだけ。あくまで完成後目立つ部分だけということで・・・。
A-7E_13d

そんなこんなで今回もA-7は大して進まず。
今度の三連休は頑張ります。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


12
Category: Et cetera   Tags: ---

12月のお買い物

12月1日(土)はラッキーベイフォートのセールに出撃。
20%OFFだったのでアレもコレもと抱え込みましたが・・・
キリがないので72に絞ってキットをいくつか。
レジンやらエッチングやらデカールやらはパスしました。

Special Hobby72 F-86H
独特のマッシブなフォルムはなかなか趣があります。
H型は資料が若干少ないかもしれません。
SH_F-86H

モールドは悪くないようです。
パーツには離型剤がたっぷり。
SH_F-86H_02

Special Hobby72 X-1E
SH_X-1E

ロケットモーターのノズル等はレジン。
じっくり丁寧に取り組んでみたいアイテムです。
こんな感じでリフティングボディのX-24Aが欲しいところです。
SH_X-1E_02

クレオスのキャップオープナー。
水性塗料は使わないので、個人的には大ビンの金属キャップ用が欲しかったです。
あれが一番手ごわいですからね。でもニーズ的には最下位なのかもしれません。
まぁ、本当に困ってるなら他の容器に移せば済む話ではあります。
GSI_Tool

あとはパーツだけ欲しかったハセガワ72 F-4Jをゲット。
ちょうど特価品コーナーにあったので助かりました。

先日買いそびれたフジミ72 AV-8Aが消えていたのが残念。
Eduard72のLavochkin La-7は迷いましたが・・・買っておくべきでした。
普段なんとなく買いそびれてしまうようなキットはこういう時に手に入れないと。

給料出たらまた行ってきます。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


09
Category: Et cetera   Tags: ---

"Recollection"

土曜日に実家に帰った際に、例によって資料やらキットやらを色々と漁ってきました。
昔の自室を漁っていたら昔撮影した古いアルバムも発見。

機材は父親から譲ってもらったニコンF&FE、レンズは300~400?。
モノクロは殆どTRI-X、たまにPLUS-Xを使っていた記憶があります。

カラーはフジのネガ。コダクロームは高くて殆ど使えませんでした。

当時はマニュアルフォーカスにモードラ無しだったのでアクロでもワンパスで一枚がやっと。
FEを使い出してからはモードラ付けてたのでピン合わせが多少楽にはなりました。

っつーことで、土日はA-7が全然進まずネタ不足なので、何枚かスキャンしてみました。
クオリティは・・・まぁ大目に見ていただいて・・・なんせ中学生~高校生の頃ですからw
どれも古いプリントなので、色調やコントラストを多少補正してみました。
しかしピンの甘さはいかんともしがたいですなw


ハチロクブルーのラストフライト。入間にて。
T-2ブルーも通常塗装で幾つかマニューバーを披露してくれました。
F-86F_Blue_01  T-2_Blue_00

T-2ブルー。これも入間。
まだ翼端にサイドワインダーのダミーを搭載していた頃です。
T-2_Blue_01   T-2_Blue_02   T-2_Blue_03

これは厚木にて。CVW-5の機体。
EA-6B(VAQ-136)&F-4S(VF-151)。
EA-6B_01   F-4S_01   F-4S_02

これはちょいと珍しいかもしれません。
厚木の北側で撮ってたらA-7Eがブレーキトラブルでオーバーラン。
アプローチを狙ってた人達はみんな南側に移動していたので北側は閑散としていました。
風向き変わんないかな~と思ってたら、タッチダウンしたA-7が止まりません。
けっこうな速度でこっちに突っ込んできて・・・目の前で横倒しになって停止。
消防車が駆け付けてあっという間に泡だらけ。
あともう少しでフェンス突き破って道路に・・・というぐらいの至近距離でした。
A-7E_01

この写真と滑走中の連続写真、計三枚を航空ファンに送ったら掲載されました。
原稿料?として幾らかいただいたと記憶していますが、
そんなことよりも搭乗員が無事だったのがなによりでした。

空自のF-4。百里で撮影。
曇天の時はこんな写真を撮って遊んでました。
RF-4E_01

ボロ写真でネタ不足を多少解消できたような、できなかったようなw
A-7も紫電も利根も・・・頑張らなくちゃいけませんね。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


09
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その12-

職場が別フロアーへ引っ越すため、昨日はその作業で出社。
なんとなく電車は嫌なのでロードスターで。少しは気分が晴れます。
作業は予想通りというかなんというか・・・結局夕方まで掛かってしまいました。
その後、携帯に実家から夕飯のお誘い。
兄が美味い日本酒を用意しているのでよかったら来ないかと。

どうせ自宅に戻ったところで模型作る気力もないし・・・そのままGO。
久しぶりに母親と兄と三人で一緒にゴハン食べながらビールやら日本酒やら。
クルマだったのでそのまま泊まってきました。

本日自宅に帰ってきたのは結局午後。
あれこれ用事を済ませているうちに夕方になってしまいました。
ってなわけでA-7は大して進んでいません。ん~・・・貴重な土日だったのに。

最低でも週一回は模型に触れたいので、少しだけ作業しました。

胴体上面の衝突防止灯。
デカくて目立つのでここはちょいと自作してみます。

A-7E_12a

クリアランナーの先端を削ってそれらしい形状に。
その後基部にプラペーパーを巻いて終わり。
サイズは・・・いい加減です。

もっと進めたかったので残念です。
平日にもう少し進められるといいんですが・・・。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


02
Category: Finished - Fujimi 1/72 A-7E   Tags: ---

A-7E "SLUF" -その11-

昨夜は少しだけ作業。
前回作業時に手を滑らせて落としてしまってシートレールがポッキリ。
せっかくAIRES入れたのに。キレイなモールドが台無しです。
チリみたいな破片なんか見つかるはずもないのでプラ板を継ぎ足し。
A-7E_11a

全然直線出てません。ヤスって整形してやらなければ。
ま、この辺は射出座席と開けたキャノピーの陰に隠れるので大丈夫かも。
この後は機体のあちこちに溶きパテをペタペタと。
A-7E_11b

乾燥させている間に、WEBで集めたHAFのA-7画像を見ながら何かないかな~と。
アップショットで前脚を観察。フムフム・・・タイヤは意外にショルダーがスクエアな感じ。
望遠で圧縮されているとタイヤ自体の厚みもかなりあるように見えたり。
そんなイメージでキットパーツに目を移すと、やはり若干貧弱な感じ。

とりあえずタイヤをエッチングノコで輪切りにしてプラ板を挟んでみます。
センターから思いっきりズレてますが。ま、失敗してもスペアがありますし。
とりあえずざっと整形。このあとチマチマと削ってシェイプを出してやろうかと。
リューターで旋盤みたいに回しながら削ったほうがキレイになるかも。
A-7E_11c

カタパルトランチバーを切り飛ばしておいた脚柱にエデュアルドのエッチングを。
全体的にダルで貧弱なので数箇所に金属板を巻いてメリハリを付けます。
キットパーツは形状的にやや違和感のある部分もありますが・・・ま、こんなもんで。

A-7E_11d

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日は15時頃からやっと開始。
一回サフを吹いた後、整形し忘れた箇所をのんびりとサンディング。
その後1000番でザっと表面をならしてなんとか下地はほぼ終了。
机が汚いです。必要なモノが必要な時にサっと見つからずイライラします。
こまめに片付ければいいだけの話なんですけどね。
A-7E_11e

下から煽り気味に見てみます。
主翼下面と胴体との接合部に段差が・・・。
わかってはいたんですが・・・こういう部分は嫌いなんですよね。
やはりこういう手抜きグセは直していかないと技術は↑しないですね・・・。
A-7E_11f

機首側面がなかなかキレイにいきませんでした。
事前の擦り合わせ不足でいつもこういう部分に時間が掛かります。
リカバリーのための効率的な技術が無いのでいつも遠回りになってしまいます。
前回のトーネードの時よりは多少マシな感じもしますが・・・。
A-7E_11g

来週はなんとか塗装までもっていきたいところ。
でもまだパイロンやらキャノピーやら水平尾翼やら増槽やら・・・。
焦らずひとつずつ片付けていこうかと思います。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用



1
3
4
5
6
7
8
10
11
13
14
15
17
19
20
21
22
26
27
28
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。