Vapor Trails

- Aircraft Modelling Notes -


In 04 2007

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


27
Category: Finished - Hasegawa 1/72 Tornado F.3   Tags: ---

Tornado F3 -その14-

例の破砕コード(デトネーションコード)を0.2?洋白線で。
とりあえず一体で作りましたがキャノピーへの取付は前後分割にします。
直線部分をもう少し修正してやればなんとか使えそうです。

S字部分はプライヤーとストレートピンセットで曲げていきましたが
こいつがなかなか微妙なラインで難儀しました。
金属は力の加え方と変形部のリカバリーが難しいので疲れます。
このまるで図面みたいな直上からの機首アップ画像さえ発見しなければ…
こんな手間をかけるハメにならずに済んだのかもしれません(・o・)

TornadoF3_14a

キャノピー内側にはこのコードやらリアビューミラーやらを取り付けて
開状態にするのでフレームを内側からも塗装してやらなきゃいけません。
内側はフレームに沿ったシール部分も塗装します。
シールの各コーナーにはアールを付けてやる必要があります。
ってなわけで細切テープとゾルでマスキング。
うまくいってきれいに仕上がるといいんですけどね。

あとは機体の細部修正、脚関係と増槽&AAMを仕上げればいよいよ塗装です。
パイロン&ランチャーとか妙な感じもしますがもう細部は無視してガンガン進めます。
とはいえGW中はけっこう仕事があって時間が取れないのが痛いところです。

今夜はDVDで『硫黄島からの手紙』を見るのでここまでにします。

スポンサーサイト

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


26
Category: Finished - Hasegawa 1/72 Tornado F.3   Tags: ---

Tornado F3 -その13-

垂直尾翼のボーテックス・ジェネレーターを再生。

キットデフォルトだと分厚くてシャープさに欠けるのと
整形時ジャマなので削り飛ばしてあった部分をプラ板で作り直し。
接着剤完全乾燥後にエッジを更に薄くしてみました。
白だと大きく見えるものですが、それでも少々オーバースケールかも。

TornadoF3_13a

このサイズならプラペーパーでも剛性出るかもしれません。
う~ん…なんかイマイチ。余力があったらやり直そうかな…。

このV.ジェネレーターの位置が気になってしょうがないのでWEB検索。
キーワードを「tornado, vortex generator, vertical」にしたら竜巻関係ばっかり。
「F3」なんて入れようもんならそれこそ竜巻オンパレードです。
「panavia」を追加しないといつまで経ってもこの飛行機には辿り着かないようです。
で…結局詳しいことは全然わかりませんでした。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


23
Category: Et cetera   Tags: 飛行饗々匐・  〔老逝プラモデル  出戻り  製作記  

パーツやらキットやら

Aviation Megastore に注文してあったモノが届きました。

キットは Pavla 1/72 Gloster E28/39 だけ。
どうせ送料がかかるのでF-4やハチロクのエッチングやデカールなんかもついでに。
パーツ類はそこらのお店にもフツーに在庫あったりしますが。

Shopping_02a

ナナニイのE28/39はストックのイースタン=フロッグがやっぱりイマイチ。
ハイプレーンズはモノになりそうもない気がしたのでパス。
Pavlaは海外サイトのレビューを読んだらけっこう良く書かれていたので試しに購入。

前脚収容部が一体になったインテイクダクトと小物類はレジン。
バキュームキャノピーは形状違い各1コなので予備はナシ。
透明部品はできればインジェクションのほうが良かったんですが…。

とりあえずパーツ状態で見た限りフォルムは良さそうです。
モールドもカッチリしていて悪くありません。

Shopping_03a

なんでもフロッグはグロスターがちゃんとチェックしないまま発表しちゃった三面図を
ベースにキット化したとかで、全体的にオーバーサイズで実機とは形状も違うとか。
ちょいとPavlaと胴体並べてみました。下がフロッグ(イースタン)。
全然違いますね。

Pavla_Frog

Pavlaのパーツ眺めてたら作りたくなってきました。
トーネードがある程度進んだら作り始めようかな。

やっぱり黎明期のジェット機はとても魅力的。
高性能なコンピューターによる設計やシミュレーターなどなかった時代、
新技術の開発にそれこそ命をかけて挑戦していたであろうパイロット達や技術者達の
スピリッツのようなものを背後にいつも感じます。出来上がった「物」も凄いですが、
そういう物を作り上げた「人間」こそが一番凄いと…いつも思います。

作りながらそういうものを感じたり想像したりするのも飛行機模型の楽しみ方のひとつ。
模型というのは人それぞれ色んな楽しみ方ができるものですね。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


21
Category: Et cetera   Tags: ---

"SLUF" パーツ&デカール

だいぶ前にHannantsに注文してあったものが到着。
在庫切れのモノも含まれていたので若干時間が掛かりました。

Shopping_04a

トーネードを細々と進めながら次回作は何にしようかと。
昔から同時複数製作は苦手なのでコソコソと準備だけ進めます。
フジミ72 A-7Eが一応第一候補。
あくまで今のところは、ですが。

てなわけで今回はとりあえずA-7E関連パーツ&デカール。
以前買いそびれたICARUSの "Hellenic Air Force Jets Pt.1" もゲット。

Shopping_04b

手元にあるA-7本はとりあえず3冊。
実家にもたぶん古い世傑やインアクション等数冊はありそう。
ギリシャ空軍のA-7E/HならAIRLINERS.NETに鮮明な画像がゴロゴロ。
Aircraft Resource Center にも細部写真があります。
さすがにA-7は資料に事欠きませんな。

Shopping_04c

ギリシャ空軍のA-7E/Hは渋くてイイ感じ。
一方で懐かしいVA-93も捨てがたい。
ちょいと悩むところです。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


19
Category: Finished - Hasegawa 1/72 Tornado F.3   Tags: ---

Tornado F3 -その12-

今日はノズル周辺。

ノズル根元上下にはスラストリバーサ(以下TR)の「蓋」があります。
TRを作動させるとこいつが後ろにせり出してきます。
左側面から見ると「>」のような形になって上下からノズルを塞ぎ
排気を斜前方に向けて制動をかけるわけであります。

ってなわけでここらにちょっと細工を。

TornadoF3_12a

TRのその蓋部分にプラペーパーを接着。
両ノズル前の胴体断面から若干はみ出るように後縁部は少し長めに。
後方から見るとこの後縁部分が胴体断面部周囲をフチどるようになります。

とはいえここらはゴチャゴチャしているので整形が大変。
蓋の後縁部は削ってもっと薄くする予定です。

ノズルは前回から更に削り込んで薄くし、開口部形状もできるだけ再現。
全体が上手く仕上がっていい具合に精密感がアップするといいのだけれど。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


14
Category: Finished - Hasegawa 1/72 Tornado F.3   Tags: ---

Tornado F3 -その11-

垂直尾翼ECMハウジング部にあるライト。
後ろ半分が透明カバーになっていて塗装では再現が難しいので自作。

WAVE "Hアイズ4 角” の翼端灯形状パーツを使用してみました。
一番小さいのが長さ1.5?でぴったり。

TornadoF3_11a

突起部後ろ半分を切り取ってからそいつを接着。
整形後モーターツールにて研磨。

底面はシルバーで塗装しましたがホワイトのほうが良かったかも。
こういうのはリカバリーがきかないので事前にもう少し考えないといけませんね。

とりあえずこのままでもそれなりに良いアクセントにはなりそうです。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


11
Category: Finished - Hasegawa 1/72 Tornado F.3   Tags: ---

Tornado F3 -その10-

ペーパー掛けが一段落したのでとりあえずサフ吹き。

整形が必要な箇所がポツポツと。
ところどころ消えたモールドも適度に再生しなきゃ。

TornadoF3_10a

プラペーパーを貼った脚カバー表面をポリパテでツライチに。
こちらも何回か溶きパテで修正必要。

TornadoF3_10b

主車輪には簡単な治具とエッチングノコで溝をスジ彫ってみましたが…
ラインがヨレヨレ。カッコ悪いのでポリパテで埋めちゃいました。
磨耗して交換寸前のタイヤという設定で。

このあとは溶きパテ&ペーパーの作業がしばらく続きそうです。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


11
Category: Finished - Hasegawa 1/72 Tornado F.3   Tags: ---

Tornado F3 -その9-

土日は仕事で全然模型に触れなかったので今日から再開。
とはいえ相変わらず細々とした作業が続いています。

ノズルの厚みが気になるので内側から薄々攻撃。
内側の可変ノズルは絞られているので外側をメインに。

左が攻撃完了後。右はほんの少し削っただけでほとんどデフォルト。
外側ノズル断面形はキットでは円形ですが実際は多角形。
画像では同じように見えますが肉眼で見るとかなり違いが出ていていい感じ。
有機的なノズル周りはトーネードのチャームポイントのひとつかと思います。
しかしノズル間の構造などは複雑なので72で雰囲気を出すのは難しいですね。

TornadoF3_09a

ちょっと気になったのがキャノピー内側の破砕コード。
今回はキャノピー開にするので実機写真を色々と漁っていたら
目に付いてしょうがないので自作してみようかと。
改めて写真を複数チェックしたらキットのモールドは前後逆のようです。
射出座席との位置関係を考えればやはりキットのモールドは間違いかと思います。

TornadoF3_09b

目立つ部分だけにきっちりラインを出してやらないといけません。
上手く再現できるかどうかわかりませんけどね。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


07
Category: Finished - Hasegawa 1/72 Tornado F.3   Tags: ---

Tornado F3 -その8-

今日は脚カバーとコックピットを少々。

キットパーツはカバーのフチがかなり分厚いです。
トーネードの主脚カバーは大面積の一枚モノなので完成後も目立ちます。
このフチを薄く仕上げると精密感が出て全体が引き締まりそうです。

エッジ部分を切除して0.14?プラペーパーを外側から接着。
内側にも貼って補強。これでも十分薄いのでOK。
しかしフニャフニャなので内外から瞬着で固めて剛性UP。
表側はパテでツライチに仕上げます。

TornadoF3_08a

コックピットは後席付近に追加工作。チョコマカと手を加えます。
AIRESのパーツ画像を参考にしながらデッチアップ。
プラ材、エナメル線と細めのフレキシブルワイヤーでそれらしく。
両サイドにはキャノピー開時にチラっと見えるアクチュエーターを付ける予定。

TornadoF3_08b

今月中には完成させたいなぁ。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


06
Category: Et cetera   Tags: ---

ちょっといい筆

最近模型誌にも広告が出ている『Winsor & Newton』 の筆。
先日横浜ジョイナス4Fの画材屋さんで購入。
他にはHOLBEINの油絵の具もいくつか適当に。
まぁ地元の方はよくご存知のお店だと思いますけど。
某書店の向かいにあるお店であります。

Mis_01a

?00ってのを試しに買ってみました。けっこういいお値段。壱千弐百円也。
”Made in England" というところに妙にそそられます。
なんというか、所謂『クラフトマンシップ』というやつでしょうか(笑)
まだ使っていないのでなんとも言えませんが…。
道具は使ってナンボなんですけどね。

それなりの値段の筆というのはなぜか独特な満足感が得られますね。
兄が長いこと油彩画をやっているので画材はとても身近な存在だと思っていましたが
いざ自分が購入するとなると意外と勝手がわからないものです。

今日は同僚と久しぶりに飲んでヘロヘロ。まだ明日も仕事なのにw
とりとめのないことを書いてしまいました。
週末からまたトーネード君を進める予定であります。

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


05
Category: Finished - Hasegawa 1/72 Tornado F.3   Tags: ---

Tornado F3 -その7-

パテ盛り&ペーパーがけ。

上下分割の胴体。後部に大きめの段差。
パーツ表面もかなり荒れてるし大きなヒケも。

相変わらず仮組み時にロクにチェックせずに進めて
結局あとになってからパテで強引に辻褄合わせです。
もうちょっとキレイにスムーズに作りたいなぁ。

TornadoF3_07a

前部胴体下面にも段差。
パテがスカイフラッシュ半埋込部エッジにかかるので神経遣います。
この後一度薄くサフ吹いてはちょこちょこ修正の繰り返し。

TornadoF3_07b

結局パテは光硬化は大して使わずにポリパテとラッカーパテ。
使い慣れたラッカーパテはなんだかんだいって良いです。
切削性もクセがないし。

気分転換にタイトル画像変更。
横田ランウェイエンドで待機するVMFA-334(WU)のF-4J。
亡くなった父が撮影したプリントをスキャンしてみました。



1
2
3
4
8
9
10
12
13
15
16
17
18
20
22
24
25
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。