Vapor Trails

- Aircraft Modelling Notes -


"Ongoing - Fujimi 1/72 EA-6A" posts

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


18
Category: Ongoing - Fujimi 1/72 EA-6A   Tags: ---

Electric Intruder -その1-

あーでもないこーでもないと考えた結果、今回はコレで。

FUJIMI 1/72 "Grumman EA-6A Intruder"
EA-6A_01a

長きに渡り米海軍/海兵隊航空部隊の攻撃力の中核を担った "Alpha Six" ですが、
模型の世界における人気というと、ぶっちゃけいまひとつといったところでしょうか。
"Tadpole" なんて言われるスタイリング故、それも無理からぬところではありますがね。
しかし好きな人はめちゃくちゃ好きなんじゃないでしょうかね。A-6ってのは。
A-6をやるモデラーは米国と日本に多いような気がします。なんとなくですけどね。

自分にとっては、F-4、A-7と並んで昔からお気に入りであるA-6ですが、
昨今は72新作デカールのリリースも殆ど無く、少々
寂しいものがあります。
48&ロービジ全盛はぶっちゃけかなり堪えます…。

A-6でいこうと決めてからも、A-6AKA-6DEA-6Aでかなり迷いました。
王道路線なら、自分としてはやはりVA-115、VA-196あたりのA-6Aでしょうか。
アイアンハンドのA-6Bなんてのもね、ちょっとだけ考えましたが。
実機に関しては興味深いですが、さすがに模型的面白みは薄いのでパス。


で、どうせならちょいと毛色を変えてみても面白いかなぁと。
EA-6Aはそのアクの強いフォルムが模型的には意外とイケるのではないかと。
ジャミングポッドをぶら下げた姿はなかなか迫力がありそうですしね。
実機の記憶はあまりありませんが、考えてみたら昔から好きな飛行機ですし。
ぶっちゃけA-6好き以外は殆ど作らないだろうし、これはかなり面白そうだなと。

で、フジミのA-6シリーズ。かな~り前にE型を作った覚えがあるような無いような。
いずれにしても随分と昔のことなのできれいさっぱり忘れています。
もしかしたら買っただけで作ってないかもしれません。

ということで、まずは仮組み。
A-6クラスになると、72でもさすがにそれなりのサイズにはなります。
パーツの合わせは可もなく不可もなく、といったところでしょうか。
とりあえずフォルムはしっかりとEA-6Aです。当たり前ですけども。
"Football" の形状も良いんじゃないでしょうかね。

EA-6A_01b

マーキングはほぼ決めていますが、少々リサーチが必要です。
EA-6Aは生産機数が少ないので、特定の機体を追いやすい面はあるかも。
ただ、問題なのは写真の絶対数の少なさ。これは如何ともし難いところです。
マーキングを塗装で、となると若干面倒な部分も出てくるかもしれません。
ま、わからないところは例によってウヤムヤにするんですけど。

細部に関しては、脚関係とコックピットに集中的に手を入れようかと思います。
A-6のコックピットは広くてゴチャゴチャですからね。かなり面白そうです。
が、中途半端な追加工作はかえって逆効果にもなりそうなので難しいところ。
エクステリアに関しては、できるだけ繊細かつ丁寧に。焦らずゆっくりと。
まぁ、おそらくそんなものは進めていくうちにウヤムヤに…。


EA-6Aとなると手持ち資料ではさすがに少々力不足です。
新たに資料本を購入しましたが、まだ手元には届いていません。
今はリサーチの手が止まっている状態です。

そんなわけで、本格的なスタートは来週以降になりそうです。
次回からは製作記事をアップしていこうかと思います。


ではまた。


スポンサーサイト

テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


27
Category: Ongoing - Fujimi 1/72 EA-6A   Tags: ---

Electric Intruder -その2-

土曜から四連休ですが、いまいち模型に手が伸びません。
ゴロゴロして飲んだり食べたり、買い物に出かけたり。
まったくもって怠惰な連休になっています。

せっかくの
連休なのにこれじゃーもったいない、
ということで、重い腰を上げてEA-6Aを始めてみました。

まだ予定の資料が全部揃っていませんが、とりあえずは
A-6と共通の細部ディテールはコレでOKかと。

VERLINDEN ROCK ON No20
"A-6E, KA-6D & EA-6B"

AM_02

この写真集、オールカラー&手頃なサイズで製作時には重宝します。
ただ、個人的にはアングルが微妙にいまひとつかなぁと。ちょっと思います。
配管類のレイアウトやそれらの始点と終点、各リンクやらアームやらの付き方とか。

撮影時の制約もあるんでしょうが、それでももうひと頑張り欲しいなぁと。
VERLINDENは模型製作用資料としてこのシリーズをリリースしているはずなので、
そういった意味ではもうひと工夫欲しいなと。ちょっともったいないなぁと。
とはいえ、個人的には模型用資料の中では出色のシリーズだとは思います。
まぁ、そんな贅沢言ってる暇があったら自分の想像力と技量を上げろ、と。
やっぱりそれが一番大事なんですけどね。

ということで、まずはウォーミングアップ
として前脚から。
まぁ、どうせグダグダになるのは目に見えてはいるんですけども。

EA-6Aは全機がA-6A完成機からの改修と生産ライン上での仕様変更で構成されています。
VERLINDENの写真集はA-6E TRAMがメインですが、重量増加により強化された
降着装置を持つEA-6B以外、A-6系列の降着装置は基本的に共通かと思います。
ま、各型やら時期やらで細部が微妙に異なっているとしても微々たるものかと。
そんなこと気にしていたら進まないので、無視してとっとと始めます。

あいにくイタレリのA-6はストックにはないので比較はできませんが、
フジミのパーツはベースとしてはかなり良いのではないかと思います。
今回はちょいとマッチョな雰囲気に振って仕上げてみたいなぁと。
なにせ "Grumman Iron Works" の生まれですからね。

素材はプラ板、プラ棒、鉛板、エナメル線、洋白線、エッチングの切れ端等々。
カタパルトランチバー先端形状は若干修正が必要かもしれません。
EA-6A_02a

A-6の前脚には各種リンク類やらアーム類やらが、これでもかというほど見られます。
もちろん全て再現することはできませんが、それらを出来る限り追加することによって

あのゴチャっとした雰囲気を醸し出すことができるのではないかなと。

とりあえずこの段階で5060%といったところでしょうか。
あとは気が済むまでひたすらディテールを追加していくことになるかと思います。
開始前は気絶しそうなぐらい面倒ですが、いざおっぱじめると楽しいものです。
EA-6A_02b EA-6A_02c

今回は脚部を先に仕上げてしまおうかと思っています。
パイピングから塗装まで全て済ませて、最後に取り付けるだけにしたいなと。
いつも最後に面倒になってやっつけ気味になってしまいますから。

明日も休みなので、このまま前脚の続きをやります。


ではまた次回。


テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用


28
Category: Ongoing - Fujimi 1/72 EA-6A   Tags: ---

Electric Intruder -その3-

束の間の四連休も終了です。
今日はお天気もグズグズでなんともスッキリしない一日でした。

で、とりあえず昨日の続きをやろうかなぁと。
そう思っていたところに実にタイミングよくブツが届きました。

Aerofax Minigraph 7
"Grumman EA-6A Intruder, EA-6B Prowler"
by Dennis R. Jenkins

EA-6A_03a

密林に注文していた、EA-6A/Bオンリーの資料本です。
意外にもというか、予想以上にEA-6Aに頁が割かれています。
ワタクシは
こういう資料が欲しかったわけです。これは助かります。
もちろん欲しい情報の全てが詰め込まれているわけではありませんが、
それでも今回のモデリングにおいては活躍してくれそうな予感がします。

で、デカールも同時に到着。
マイクロの "72-0079" を探してWEB上を数週間彷徨っていたんですが、
ココでようやく発見。デッドストックのデカールをかなり抱えているようです。
届いたブツは黄ばみも少なく状態は良好に見えます。まずはひと安心。
EA-6A_03b EA-6A_03c


で、夕方からおもむろに昨日の続きを。

カタパルトランチバー基部にごちゃごちゃとディテールを追加。
ここはバーとタイヤに隠れてしまうため、ドンピシャの画像は案外少ないです。
WEBで機首周りの高解像度画像をいくつか手に入れて、なんとか
構造を把握。
A-6の前脚なんてものには皆さんあまり関心がないようです。
EA-6A_03d

写真とにらめっこしながら、エナメル線であちこちにワイヤリング。

もうちょいイジリ回したいところですが、とりあえずこんなところでしょうか。
全体的にエッジが出ていません。あとは悪あがきの修正あるのみです。
主脚を仕上げてから、全体のバランスを見つつ調整しようかと思います。
EA-6A_03e


この調子で脚周りをやっつけて、早めにコックピットに取り掛かりたいところです。
並列複座でかいキャノピーは挑戦のしがいがありそうです。
…コケるかもしれませんが。



ではまた次回。


テーマ 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル 趣味・実用



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。